税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 時計 > 腕時計のオーバーホール する人いるの?  

腕時計のオーバーホール する人いるの?

2012 - 06/23 [Sat] - 23:26

 今日の検索ワードの中に「腕時計のオーバーホール する人いるの?」というものが。

 なるほどねぇ、確かに機械式腕時計を初めて買った人から見れば、例えばローレックスでオーバーホール代5万円、なんて言われると「そんな高いお金かけてメンテなんてできない」と思う人もおられるでしょうね。もちろんお金持ちの方々の中には、新品で好きな時計を買って、メンテに出さないといけない状態になるとメンテに出さないで売っぱらったり、コレクションとして置いておく人もおられるかもしれませんね。もちろんそういう方は別の新しい時計を買うわけですが(笑)。

 でも、私が知っている範囲では、だいたいみなさんオーバーホールに出すんじゃないでしょうかね?オーバーホールに出さないでほったらかしにしているとか、オーバーホールに出さないで転売した、なんて話はあまり聞いたことがありません。もちろんそういう方々もいるとは思いますけれども。

 まあ、長く使うつもりで機械時計を買ったのであれば、オーバーホール代の出費も覚悟しておかなきゃいけないでしょうね。逆に言えば、オーバーホール代をケチるような方であれば、機械時計は買わないほうがいいんじゃないかと思いますねぇ。もちろんオーバーホールに出すような時計は、新品の実売価格で十数万円以上はするものじゃないと意味無いですけどね。それ以下の安い機械時計なら使い捨て感覚で使うべきじゃないでしょうか。

 たかが時計、と言われればそれまでの話ですが、機械式時計は一昔前は貴金属店で得られていたようなシロモノです。それなりにお値段も張るものですから、せっかく買ったのなら大事に長く使いたいと思う人も多いでしょう。そうであれば、「最近やたら遅れるようになってきたなぁ」なんてことが増えてきたら、一度オーバーホールに出してみてはどうでしょう。

 だいたいオーバーホールに出せば新品のように調子が良くなって、また数年から10年程度は問題なく使えるようになりますからね。よく時計雑誌や時計店などでは「2-3年に一回はオーバーホールへ」と言われますが、それはあまり気にしなくてもいいじゃないかと私は思っています。

 むかし懇意にしていた時計修理の職人さんが「時計なんて調子悪くなってから修理に出せば十分よ。そんなに神経質に修理しなくても大丈夫」と言っていたので私もそれを守っているわけです。まあ修理に出す時期は好き好きだとしても、愛着を感じている時計であればオーバーホールに出してあげるのもオーナーの努めではないかなぁと思いますね。

 車だって調子が悪くなったら修理します。別に調子が良い時には修理しないでもいいかもしれませんが、調子が悪くなってくれば修理したほうが無難ですよね。車は調子が悪くなったら命に関わりますが、時計はそんなことはありません。しかし同じように機械ですから、調子が悪くなったらぶっ壊れる前に修理をするのは一緒です。

 せっかく縁あってあなたの腕に巻かれることになった時計なんですから、どうせなら大事にして長く使ってやってはどうでしょうね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1382-b245ac01

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード