税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 日本の政治を大きく変えるチャンスがやってきた  

日本の政治を大きく変えるチャンスがやってきた

2012 - 06/21 [Thu] - 23:36

 先日もブログに書きましたが、日本の政治、長い民主党のトンネルを抜けて一つの曲がり角にさしかかっているように思います。

 民主党の小沢一郎は、消費税増税法案に反対する意思表示をし、離党も視野に入れているのだとか。予想どおりの展開ですね(笑)。消費税に反対票を投じる民主党議員は50人とも言われているようですが、さてそれがどれほど現実的に採決に影響があるのかわからないところです。また本当にどれほどの議員が小沢に付いてくるか。そしてそれがどれほど将来の日本の政治に影響力があるか。

 いままで票を集めること、議員の数を増やすこと、そして政権を取って個人の権力を強めることしか考えてこなかった小沢一郎という政治家(というより、いわゆる『政治屋』)に世間がどれほど同調するか。私個人としては、国家のことを思って行動を取ることがない小沢一郎という政治屋には、もう応援する気も、同調する気もなくなってしまったのですが、彼のやることです、次期選挙にでもなれば橋下大阪市長と手を組んででも人気取り、票取りに走るでしょう。

 何しろ、彼には政治的ポリシーはありません。ないからこそ、これだけ政界を漂流し続けるのです。彼の中にあるポリシーはただ一つ、「票を集めること」。なぜなら「票」こそが「権力」だと信じているからでしょう。それは彼の師匠である田中角栄の政治姿勢から受け継いだ部分でしょうが、しかし角栄と違って、小沢には人を共感させる「何か」が欠落しているように思えます。それは政治家としては大きな欠点だと思います。

 さて、これからの政治で面白いのは、世論、すなわち票が小沢一郎に付くか、野田総理に付くか、ですね。私の目から見れば、一本スジが通っていて汚れ役でも買って出ることができる野田総理のほうが政治家としては優れていると思うのですが、世論はどう感じているかわかりませんからね。でも、これで世論が小沢に味方するようなことがあれば、私は日本人の政治観にかなり失望してしまうと思います。

 でも上手く行けば自民党幹事長時代から民主党が政権を奪取するまで長年にわたって続いてきた「小沢政治」と、日本の政治はようやく手を切ることができるチャンスがやってきたのです。国民や国のことなど考えず、自らの権力にとってプラスかどうかという観点だけで日本の政治を引っかき回してきた、小沢一郎という日本の政治にとってガンのような存在とようやく決別することができるのです。

 確かに消費税の増税は国民全てが望むことではないでしょう。誰だって増税はイヤです。また、社会保障の修正なしに増税を急ぐことに批判する向きもあります。しかし「政治」とは常に100点満点を取ることが仕事ではありません。場合によっては物事に優先順位を付けて、50点程度のレベルであってもまず手を付けられることが手を付けることも大事です。

 いまの日本の政治、民主党の政治で、誰もが望む100点満点の政策を実施することなど到底不可能です。そんなことをしていたら衆議院も参議院も全く先に進めなくなってしまいます。そういう意味では不満のある内容であったとしても、とりあえず優先順位の高い案件から実現に向けて前に進めることが大事なのです。

 それが今回の消費税増税法案である、ということです。他の様々な改革法案は追々与野党協議などを通じて、また実現できるように進めていけばよいだけの話です。100点なんて目指していたら、いまの日本の政治ではなにも前に進みません。だから私は今回の野田さんの物事の進め方は、いまの日本の政治の中ではベストな解だと思っているのです。

 とはいえ、それはあくまで私個人の意見ですし、世の中の多くの人とは違うものの見方かも知れません。しかしもし世論が野田さんを支持するのであれば、自民党政権末期から菅まで続いていた暗くて長い政治のトンネルから、ようやく日本は抜け出すことができるのではないかと思うのです。そしてそれは同時に、日本の政治を「政策」ではなく「票」という暴力で引っかき回し、政治の方向性を乱し続けてきた小沢一郎という政治屋を葬り去るチャンスだと思うのです。

 いまの民主党のゴタゴタを通じて、「消費税増税」という望ましくない法案に目を眩まされることなく、私たちひとりひとりが日本の将来、日本の政治を託していける政治のあり方が「野田式」なのか「小沢式」なのかということをよく考える機会になることを願っています。

 上手く行けば日本の政治にパアッと青空が広がるようなことになるかも知れません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1375-a20e248a

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード