税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税務・会計 > 総合保険代理店、侮るべからず。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合保険代理店、侮るべからず。

2012 - 05/17 [Thu] - 23:30

 そういえば、今週は保険屋さんラッシュですねぇ(笑)。異なる3者が事務所にやってきました。

 そのうちの1つはいろんな保険会社の総合代理店のようなところの担当者で、今までこういった複数の保険会社の代理店をしているようなところは色眼鏡で見ていたのですが、今週来た担当者の話を聞いていると目から鱗。さすが餅は餅屋といいますか、保険は税理士が片手間でやったらあきまへんな。客に迷惑かけますな(笑)。

 その総合代理店さんの話を聞いていて、一番凄い!と思ったのが、同じ種類の保険商品について会社の異なる何十もの保険商品を一覧表にして、それぞれの商品の有利不利がわかるようにしたものを見たときですね。これは複数社の保険商品を扱っている総合代理店じゃないと絶対にできない芸当です。

 これを使えば、一目瞭然で契約者にとって最も有利な保険商品や保険プランの選択ができるんですよね。だって日本で営業している保険会社の全ての商品を取り扱っているわけですから、顧客のニーズに日本で一番フィットした商品を選ぶことができますからね。これは税理士が1社の保険代理店をやっていたのでは、到底対応できないことです。

 保険の営業って、こうじゃないとダメですよね。1社専属の代理店に相談に行ったってダメです。より良い保険に入りたいのであれば、絶対に複数の保険会社から商品を選べる総合代理店にいかなきゃダメです。本当によく分かりました。

 それともう一つ目から鱗だったのが、逓増定期保険の使い方。一般的には法人で契約して、それを解約返戻金が爆発的に増える前年に個人に売却する、というのがよくあるパターンだと思うんですが、これの応用型のような使い方を教えてもらって「へぇ~」と唸りましたねぇ。

 もちろん、この逓増定期がいつまで国税局から目をつけられないですむか、という疑問はつきまといますが、保険屋さん曰く「当面大丈夫です」とのこと。こればっかりは税理士としては何とも言えないところですが・・(笑)。

 でも世の中にはいろんなことを考える人達がいるもんですね。1社の保険を扱っているだけでは絶対に思いつかないような契約パターン(その保険屋さんは『パズルと一緒』と言っていました)を無数に組み合わせることができるんですよね。それによって、様々な契約者のニーズに応える保険契約の形態を作り上げることができるのです。

 うーん、さすがにプロはプロですなぁ。保険屋さん、って今まで、もちろん今でもそれほど良いイメージを持ってはいないんですが、私たちの顧客のニーズに応えて、顧客を満足させることができるのであれば、こういった保険のプロフェッショナルともいうべき総合代理店に保険の相談業務を外注させるというのもアリじゃないか、と素直に思いましたね。

 やはりどの世界にも、上には上というか、いろんなことを考えて実行する人達っているもんだな、と驚かされました。もし私の顧客から保険の相談を受けたら、次からはこの総合代理店に相談を丸投げしようと思ってますね。だってこれ以上の保険サービスは、思いつきませんもの。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1339-e9e615ab

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。