税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 同性カップルに育てられる子供が心配  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性カップルに育てられる子供が心配

2012 - 05/15 [Tue] - 14:07

 同性婚の話で、先日テレビを観ているときにタケちゃんの話を聞いていて「そうだなぁ」と思ったので。

 同性愛の方同士が結婚することは、まあ個人の権利とか、自由とか、そういった観点から百歩譲るとしましょう。しかし、やっぱりどう考えてもかわいそう、というか不憫に思えるケースが、その同性愛のカップルが「子供を欲しい」と言いだしたときですよね。

 よくあるのは、体外受精とか、養子などによって同性愛カップルの子供をもうけることになると思うんですが、生まれたときから自分の周りにいる「親」と一般的に呼ばれている大人が、2人とも男同士、または女同士、という状況で育った子供って、どういう価値観、恋愛観をもって育つんでしょうか?

 心配ですよね。だって物心ついたときから、家の中には「パパは男、ママも男」とか、逆に「パパは女、ママも女」という、特異な環境にいるわけですからね。家の中では「普通の」家族環境や恋愛状況など想像もできないわけです。要は、一般的にまともな、もっと言えば、人間が自然につくる家族の形態を知らずに育つわけからね。

 本当にそんな「夫婦」に育てられた子供が大人になったとき、きちんとしたモラルや価値観をもって大人になれるのでしょうか?きちんとした恋愛観をもって大人になれるのでしょうか?また、もし男同士の両親に育てられた男の子が、大人になって女性と結婚したいと言いだしたとき、この両親は冷静に対応できるでしょうか。

 またフィアンセの女性や、その両親はどう思うのでしょうか?それとも、時代が経てば「人間の恋愛はいろんな形があっていいから」と暖かく理解してもらえるような世の中になっているのでしょうか?

 なんか、心配ですねぇ。いえ、心配なのは同性愛の夫婦に対する偏見ではなく、その夫婦に育てられた子供が、ですよ。子供は親を選べませんからねぇ。選べないのに親からの影響は必ず受けますからね。同性者同士の夫婦、という自然界には絶対存在しない特異な親に育てられた子供の精神上、どんな影響があるのかがとても心配なんですよね。

 ですから、確かに同性同士のカップルが子供を育てたいと思うことは自由なんですが、結局それは自分達のエゴじゃないかと思うのです。その人たちに育てられる子供の幸せのことなんてちっとも考えてないんじゃないかと思うのです。

 まあ、同性愛者の方々にとっては、同性同士が好きになって愛し合う、ということも自分達の価値観の中ではアリ、というか標準なわけですから、それだけ価値観が異なる人達に「常識にそって物事を考えてみる」ということを問うこと自体が無意味なのかも知れませんが・・・。

 だからこそ、そんな同性愛カップルに育てられる子供の将来が心配になるんですよね。子供の人格を形成していく過程においては、結構深刻な問題だと思いますけどねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1332-dc5a2d63

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。