税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > 福山市でのホテル火災死亡事故  

福山市でのホテル火災死亡事故

2012 - 05/14 [Mon] - 14:48

 広島県福山市でのホテル火災事件がテレビでは大きく取り上げられているみたいですね。男女7人が死亡したそうで、大変痛ましい話です。

 で、テレビを見ていますと「なぜ逃げ遅れたのか?」としきりに疑問を投げかけており、消防法上の違反があっただの、建築基本法上の問題があっただの、ホテルの経営サイドの問題にしたいという意図が透けて見えますね。確かに、様々な法令違反があったのであれば経営者への責任追及は免れないでしょうね。

 でも・・、このニュースを知った時に多くの人は気がついているハズ。テレビで見ると一階の駐車場の入口にヒラヒラの暖簾があるホテルです・・。ラブホテルですやんか、どう見たって。

 ワイドショーでは「ラブホテルだけど、ビジネス客が泊まりに来たり、近所の年寄りが風呂に入りに来たりする」とか言っていましたが、でもね、ヒラヒラの暖簾付きの駐車場があって、「休憩○○円」と書かれた看板がある「ホテル」にゃ普通の人は行きまへんて(笑)。

 「なぜ逃げ遅れたのか?」って、そりゃ遅れるでしょ。何しにこのホテルに男女が来てると思ってるのよ(笑)。なんかマスコミの連中も奥歯に物が挟まった言い方ばっかりしますけど、火事だと分かってすぐに逃げられる格好で部屋にいるかどうか、考えてみりゃ分かるでしょうに。

 マスコミも格好のネタを見つけましたね。表向きには法令違反を行い続けていたホテルであったことを強調することで、「普通のホテル火災事故によって死亡者が出た」ということにしています。また「ホテルの経営者と消防警察関係者との癒着」によって違法建物が放置されていたことを糾弾するかのような報道姿勢を見せています。

 でも、どんなイメージを作り上げようと、所詮ラブホテルの火災で起きた死亡事故であることは間違いないのです。マスコミ連中は、被害者家族などに対してこれから取材攻勢を行なって報道するつもりなんでしょうけど、これはただのイジメ、世間の恥さらしですよね(笑)?ひどいことするねぇ、全く。

 だってラブホテルだもの、所詮。そこにいるときに火事に巻き込まれて怪我をしちゃっただの、死んじゃっただの、そんなこと恥ずかしくて人様に言えませんやんか。夫婦で行ってりゃまだいいですけど、浮気相手と行ってて死んだりしたら、残された家族は修羅場ですやんか。

 ラブホテルに対して「安全第一」を求めるなんて、どーなんでしょうね。東京や大阪などでも風俗店やネットカフェで死亡者が多発すると、「施設の安全がなってない」と経営者を責め立てるわけですが、そんなとこに行ってるからそんな事故に巻き込まれちゃう面もあるわけですよ、実際問題。でも、行ってる方だって人目を偲んでお楽しみに行ってるわけなんだから、別に安全問題なんかどーでもいいですやんか。

 それに、そんないかがわしい商売をしている連中が、客の安全第一なんて考えて営業してるわけ無いですやんか。欲望商売ってそんなもんでしょ?頭にあるのは金儲けだけですよ、そんなもん。

 今回の火災事故だって、一般論にすり替えて報道するのは止めて欲しいですね。だってラブホテル、欲望商売の場で起きた火災事故なんですから。そこにお楽しみに行ってて逃げられなくて死んだと言っても、そりゃしょうがないですやんか。

 売春宿が火事になって、そこにいた女の子と客の男が多数死んでしまう事件があったとしても、その被害者に対して世間はどう思うでしょうか?その死亡火災事故の原因がその売春宿の建築上の問題だったとしても、そこをとやかく責任追及して、世間に問いかけよう、なんて思う人はいるでしょうか?

 今回のホテル火災死亡事故、微妙な事件です・・。マスコミも一般論にすり替えて大げさに騒ぐのは適当にしておいたほうがいいんじゃないでしょうかねぇ。もう放っておきゃいいじゃないですか。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1329-a383652b

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード