税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > 足元を見直そう・・。  

足元を見直そう・・。

2012 - 05/10 [Thu] - 23:50

 もう5月に入って、クールビズまで始まってしまったわけですが、私はまだ3月の確定申告の影響を引きずっていますね(笑)。

 やはり、今年の仕事量は私のいっぱいいっぱいのところだったのだろうな、と思います。おかげでまだ事務所の片付けが3月の状態から進んでいませんし、今日は信じられないようなミスが発覚しましたし(笑)、いかに3月の私が限界状態で仕事をしていたかというのが、自分自身でもよくわかります。

 まあ、でもこの調子で仕事を進めることは、プロとしては許されませんね。もちろん自分自身でもとてもオーケーが出せる状態ではありません。なので、自分の足元をもう一度見直し、仕事と、資料と、情報をしっかりと整理し直して、今後の業務の進め方を再調整しなければなりません。

 忙しいのは本当に感謝しなければなりませんが、顧客に迷惑をかけるような忙しさはやはりダメです。それは私のキャパを越えているということを意味するわけですから、事務所としてもっと効率よく仕事をこなせるような体制を作らなければなりません。

 それは、私の事務所がこれから大きくなっていくための過程なのだと思います。商売は何でもそうですが、事業を始めた当初は経営者に大きく依存しているわけですが、仕事量が増えて商売が大きくなってくると、パートナーや従業員に依存しながら仕事がこなせるようにならないと、事業の成長はそこで終わってしまうのです。

 私自身の希望としては、やはりビジネスを経営する以上は、ビジネスの規模をある程度追求していきたいと思っています。そのほうが広く社会貢献にもなりますし、ビジネスとしても儲かるはずだからです。

 今年の1月から3月までの仕事量が、原始的な個人事業としての私の事務所の限界だと思います。事業を大きくするためには抜本的に体制を整えなければなりませんね。本当に心の底からそう痛感しています。

 私の事務所は前半爆発型なので、6月くらいまで忙しい時期が続きます。もちろん3月までの狂ったような忙しさ程ではありませんが、こんな仕事の進め方を何年もできるとは思えませんし、忙しさが原因でミスを誘発してしまっては元も子もありません。

 事業が、急いで次のギアに入れなければならない段階にさしかかったということですね。これはギアを入れて進めていくしかないでしょう。

 ふう、まだ3月の体の疲れが抜けきれませんが(歳をとったんでしょうねぇ・・(笑))、早く次に向かって体制を作り直していくこととしましょうか。どうせ7月から暇になるんだから(笑)、年末までに新しい体制を整えていくことにしましょう。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1323-25905b17

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード