税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 税理士はどれくらい稼げるのか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税理士はどれくらい稼げるのか?

2012 - 04/10 [Tue] - 14:29

 ネットを見ていますと、税理士についてはいろんな話が飛び交っていますね。儲からない、ケチ、陰湿、コネの世界・・。ま、そう思うヤツは税理士なんかならずに、さっさと他の商売しろよ、と言いたいですね(笑)。

 私の受験生時代も、身の周りに「税理士なんか、なるもんじゃない。尊敬できない。」と話す人は何人かいましたけどね。でも、もしその話を真に受けていたら、今の私は存在しない・・(笑)。そんな話、ウソですよ。どんな仕事をしたって、いいところと悪いところは必ずありますよ。悪いところだけを誇張した話を聞いても仕方ないです。

 また、一方で「顧問先が10件あれば700万円、20件あれば1,400万円。1人で2,100万円くらいまでの売上は可能」とおっしゃるウハウハ先生もおられます。こういう両極端の話を目にしますと、話のばらつきが大きくて本当の税理士の姿というものはわからないでしょうし、平均的な姿というのもわからないでしょう。

 なので、今回は独立税理士を目指している方々のために、私なりに「税理士という職業の収入」について書いてみたいと思います。

 ここ数年くらいで独立開業をしている税理士さん達であれば、客単価(儲かる法人からごく小規模な個人事業までを含めて、の意)はきっと平均すれば年間30~40万円程度じゃないでしょうか。よく行っても50万円平均じゃないですかね?だとすれば1千万円の収入を上げようとすれば30件程度の事業者を集めなければならないことになると思います。

 ところで、30件の事業者って、月に直せばほぼ3件です。毎月3件の法人や個人事業の申告書を作成するって、一見簡単そうですが結構忙しいですよ、ちゃんと仕事しようとすると。毎月の巡回監査なんてできるわけありません。だって顧客が30件ということは、毎日どこかを監査しなければ仕事が回らない計算ですからね。そんなことしてたら決算や申告なんてできるわけありません。休みも当然無しですよね。

 だから私が思うところの、最近の税理士さんがとりあえず1人で実現可能な売上高は1千万円くらいだろうと思います。もちろん幅はありますから、大体900万円くらいから1,200万円くらいまでの範囲に1人で処理ができる限界があるのではないかと思います。

 冒頭のウハウハ税理士さんだって、年間70万円の報酬をもらえる関与先なんか、仕事もそこそこ量があるので、1人で担当できるのは年間20件が関の山だと思います。だとすればやはり1人で売り上げられる年間報酬額は1,400万円、まあ、そんなもんじゃないですか?そのあたりが上限でしょう。

 これらの金額をどう思われますか?税理士という職業は人を雇ったり、事務所を借りない限りはコストがほとんどかからない仕事ですから、年商が1千万円と言うことは、サラリーマンでいうところの給料みたいなものは900万円くらいはあるんじゃないでしょうか。事務所を借りたりすれば800万円くらいになっちゃうかも知れませんね。結構忙しく休みなく仕事をして平均800~900万円、上限で1,100万円~1,200万円くらいと言うことじゃないでしょうか。

 でもこの程度だったら、大きい会社のサラリーマンをして課長にでもなった方が儲かりますよね(笑)。部長にでもなれればこれより遙かに稼げますよね。大体大きい会社のサラリーマンになれば誰でも課長くらいまでは出世するでしょうからね。

 サラリーマンなら好きなときに有休も取れるし、自分が休んだくらいで会社が潰れることもないし、場合によっては育児休暇や病気療養、海外留学だってできます。しかも税理士よりずっと良い年金がもらえます。もし役人になればもっと気楽にお金儲けできますよ(笑)。

 しかし独立して税理士業をおこなうと、そんなことできません。全部自分1人の責任で全部やらなきゃいけません。年金だって微々たるもの。だから場合によっては死ぬまで働かないといけないかも知れません。これは事業主、経営者になることを選択した税理士であれば当然なので、それがイヤな人は、どんな商売でも独立なんてしないほうがいいですね。

 そういうわけで、税理士が独立して仕事をするとどんな感じか、というのはそういう感じだと思うんですが、これから先が実は本論です(笑)。確かに1人で仕事をするのであれば年間800~900万円くらいの儲けが限度でしょうが、ここでじゃあ他の仕事と比べてホントのところ税理士はどうかと考えてみるわけです。

 大企業のサラリーマンの方が儲かる、と書きましたが、これをよく考えてみましょう。サラリーマンは組織に所属しているからこそ給料がそこそこもらえるんですよね。どれほどサラリーマンで出世した人であっても、じゃあ独立して1人で同じくらい稼げるか?と言えば、ほとんどの人は悲惨な結果に終わると思います。

 なぜなら、いくら年間で数十億円売上を上げる商社マンがいるとしたって、その彼は「○○商事」というブランド、看板、信用、資金力、商売のシステムを背中に背負っているからこそ、取引先も安心して取引してくれるのです。もし彼が独立して「もりり商事」という商社を立ち上げて1人で飛び回って、かつての取引先と商売しようとしたって、ほとんど相手にされませんよね。

 だってそんな吹けば飛ぶような個人企業なんか、危なかしくって大きな取引を任せられませんもの。個人どうしの信頼で商売がすぐ成立すると思うのは大間違いです。ましてや企業ビジネスにおいて担当者個人同士の信頼なんて、成立しないと思っている方が無難。

 そう、結局サラリーマンが稼げるといっても、それぞれの個人で稼げるのではなく、組織として機能しているからこそ社員も儲けられるのです。だからそういう意味で考えてみれば、たった一人で800~900万円くらい稼げる税理士という商売は決して悪い商売だとは思いませんね。だってサラリーマンが裸一貫、たった一人で800~900万円稼ぐなんて、まず絶対に不可能だからです。

 また他の商売と比べてみても、800~900万円を一人で稼ごうとしたら、相当大変ですよ。例えば、モノを売る商売でそれを実現させようとすれば、粗利20%の商売として最低でも年商4,000万円の売上が必要です。どんな商品を売るのかわかりませんが、年商4千万円って結構凄い数字です。毎日休みなしで11万円くらいの売上がないと実現不可能です。結構キツいですよ、これは。

 だからどんな商売でも、もちろん大企業もそうですが、一人で商売なんてできないんで組織を作るわけです。組織を作るからこそ商売は飛躍的に発展し、社員や経営者も儲かるわけです。

 そう考えてみれば税理士はちょっと目線を変えれば凄く儲かる商売だと思いませんか?もしたった一人で商売するとしても頑張れば800~900万円くらいは稼げるし、パートや所員を雇ったりして人を増やして組織作りしていけばもっと儲かるわけですから、その可能性は無限に広がると思いませんか?

 ですから稼いでおられる先生は、そうやって組織化に成功された先生方ですし、じり貧に悩んでおられる先生方は1人でなんでもこなそうと思っているからなんだと思うんですよね。もちろん顧客開拓をどうやっていくか、という難関はありますが、これは他の商売と結局同じ問題ですよね。顧客開拓は、視点は他の商売と同じですよ。他の商売がどうやってお客を増やしていっているか、を研究すれば税理士だって自ずと答えは出るはず。

 「税理士なんて儲からない商売」とおっしゃる方は、たった一人で稼ぐ商売としては弁護士や医者などと比較して「それほど儲からない」、あるいは以前のぼったくり状態に儲かっていた頃と比べると「儲からない」と言っているだけの話だと思います。でもそれは私から見れば単なる勘違い。思い上がりすぎ。

 ですが弁護士だって医者だって、たった一人で商売している人なんてまず居ません(笑)。弁護士なら事務員が、医者なら受付や看護師が必ず一緒に働いているはずです。一緒に働く人が居るから、弁護士も医者も人がうらやむような収入を得られるのです。だから税理士だって人を雇って商売の規模を大きくすればいいんです。それが税理士の収入を増やす近道だと思いますね。

 一人で全部やって、全部稼ごうとしたら、今どきの税理士業はせいぜい1千万円止まりくらいだと思います。でもパートナーと一緒に事業をすれば、それはいくらでも目指せるんじゃないですかねぇ。私もそこを目指しているんですが。

 ちなみに、世の情報によれば「OB税理士は顧客をあてがわれて左うちわでウハウハ。苦労するのは試験組税理士だけ」という話もしている人もいますが、これはどうでしょうね、実際のところ。私が知っている範囲でも、別に税務署OBだ、というだけではウハウハに笑って暮らせるほど顧客はいないみたいですけどね(笑)。苦労なさっておられるOB税理士さんは結構おられますよ。

 そんな噂に聞くような恵まれたOB税理士は、きっと国税局の相当上の元幹部クラスに限られるんじゃないでしょうかね。それでも確か顧客があてがわれるのは2年程度と聞いていますしね。結局役所の早期退職勧奨をおこなう見返りに関与先を2年間あてがう、という話ですから、2年経って本当の定年の年齢になったら、確かお客は返さないといけないと聞いた気がしますけどねぇ・・。違ったかな?

 だから今どき税務署方々とお話しをしていても、昔と違って署を早く辞めて税理士開業しようなんて人は全然いないみたいですよ。だって「税理士になって独立したって、今の給料を稼ごうとしたら至難の業だから」ってその理由を署員さんがおっしゃいますもの(笑)。

 まあ、「ラクして稼いだろ」と思っている人は、今の時代税理士になって独立しよう、なんて考えないほうがイイと思いますね(笑)。そりゃどんな商売でも一緒だと思いますけどね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1290-a82d4c4a

まとめteみた.【税理士はどれくらい稼げるのか?】

ネットを見ていますと、税理士についてはいろんな話が飛び交っていますね。儲からない、ケチ、陰湿、コネの世界・・。ま、そう思うヤツは税理士なんかならずに、さっさと他の商売しろよ、と言いたいですね(笑)。一方で「顧問先が10件あれば700万円、20件あれば1,400万?...

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。