税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュース > ストーカー、児童虐待、孤立死事件は警察や行政だけが悪いのか・・?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーカー、児童虐待、孤立死事件は警察や行政だけが悪いのか・・?

2012 - 03/09 [Fri] - 12:59

 児童虐待死とか、孤立死、そしてストーカー殺人事件などの問題が起きるたびに、「なぜ周りの人は気がつかなかったのか?」「助けてあげられなかったのか?」という自責や疑問の声が上がると同時に、必ず「通報していたのになぜ警察や行政は助けてくれなかったのか?」という非難・批判が報道されます。

 確かにストーカー被害で警察に助けを求めていた場合や、児童虐待や孤独死などのケースで市区町村役場に近隣住民などが通報をしていたにもかかわらず、死亡者(被害者)が出てしまった時には、警察や行政に対して「せっかく通報していたのに、なぜきちんと対応してくれなかった?こんなの警察や行政の怠慢じゃないか!けしからん!」と批判したくなる気持ちはよく理解できます。

 しかし、なぜ彼らが適切に対応できないのか、ということにも少しだけ考えをめぐらせる必要があるのはないかとも思うのです。それは、昨日ニュースになっていた高齢の母子の孤独死事件に関して、その発生地の市長かどなたかが「そのような通報があった場合には『お節介』と言われるくらい、立ち入るべきなのかも知れない」といった表現でインタビューに答えていたことに全てが表現されていると思うのです。

 つまり、はっきり言えば、警察や行政にストーカー被害や児童虐待、或いは独居老人などの様々な情報や、本人達から助けを求める声はたくさん寄せられていると思うのですが、多分それらの情報のうち9割以上は空振り情報、というかイタズラ通報だったり、勝手に「被害者と思い込んでいる」人からの通報なのだと思うのです。

 例えばストーカー被害の申し出を警察に行ってくる女性がいるとしましょう。「こんな男の人につきまとわれて、凄く迷惑しているんです。何とかして下さい。」と警察に駆け込んでくるわけですが、よくよく話を聞いていたり、状況を確認してみると、実はちょっと神経質な女性が勝手に被害妄想でストーカー被害を訴えているだけだったり、逆に元交際相手の男性に仕返しをするために全くのウソのストーカー話をでっち上げて駆け込んでくる場合がほとんどなのだと思うのです。

 だから警察も、ストーカー被害の申し出があっても、正直言って相当時間をかけて内容を確認しなければ、その申し出自体を信用して動くわけにいかないと思うんですよね。だって申し出のほとんどが「ウソ」だから。児童虐待などについても一緒だと思うんですよね。虐待の通報を受けて駆けつけてみたら、全然そのような事実はなかった、とか、逆に「うるさい、うちのことにいちいち口だしすんな!」と逆ギレされたり。

 独居老人達の生活確認についても、周りの人が心配して通報して駆けつけてみたら、ただ単にめんどくさくて新聞やチラシがポストに溜まっているだけだったり、旅行に行っているだけだったり、そんな空振り事案がメチャクチャ多いと思うのです。

 そんな感じなので、警察や行政ばかりを責めるのも可哀想な場合も少なくないと思うんですよね。きっと警察や行政も困っている人達は助けてあげたいと思っているし、それが義務だということくらいはよくわかっていると思うのです。しかし現実問題として、あまりにガセネタが多すぎるので、正直言って寄せられる情報の全てを信用して即座に対応することは不可能だと思うのです。

 だから先ほど書きましたように、孤独死事件に関して市長さんが「『お節介』と言われるくらいの対応を」と発言せざるを得なくなるわけです。つまり「そういう情報が寄せられたら、本人達に嫌がられたとしても行政は立ち入らなければいけないってことですか?皆さん本当にそんなことを望んでいるんですか?」と暗に私たちに問いかけていると思うんですよね。

 でもそこまで行政が立ち入ってきたら「プライバシーの侵害だ!」「財産権の侵害だ!」「不法侵入だ!」とか必ず騒ぎ立てる人達がいますよね?そういわれると警察も行政も立ち入れなくなっちゃうんですよね、結局。

 ジレンマですよね、完全に。こういう事件が起きるたびに警察や行政の責任者が謝罪会見を開くのですが、しかし彼らから見れば「だってすぐ対応できなくってもしょうがないじゃない、ウソの情報がほとんどなんだもん。」って言い訳したいのが本音だと思うんですよね。

 そして、こんな事件が起きるたびに「どんな些細なことでも先ず連絡を。間違っていてもかまいません。」と更なる情報提供を世間に呼びかけるようになるのですが、そうなるとますます警察や行政はガセネタに振り回されて、本当に緊急性が高い案件にさらに対応できなくなっちゃうんですよね。

 そう考えると、なかなか難しい話なんですよね。「警察や行政は怠慢だ!真摯な態度で対応を!」と責めるだけでは問題は解決しないような気がするんですよねぇ・・。だって人件費削減で公務員の人員は削減していこうか、っていわれているのに・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1250-29f38225

女性のお悩みや調査はこちらから

オセロ・中島知子(40)を洗脳したとされる自称占い師の女性が、公の場に姿を見せ、自身の主張を述べる意思があることが23日、分かった。

Facebookユーザーの約7割がストレスを経験したことがあるという

芸能界と時事の裏ニュース速報

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。