税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 昔思い描いていた将来を、今手に入れているか?  

昔思い描いていた将来を、今手に入れているか?

2012 - 03/07 [Wed] - 01:11

 まだ若い頃は、年をとっていくのが楽しみでした。その理由はきっと歳を重ねるほど人間的にも成長し、カッコ良くなり、そして経済的に豊かになっているだろうと想像したからです。

 ところが現実的に年齢を重ねてきた現状を見ますと、私がきっと20年以上前に予想していた状況とは違います。そしてそのギャップに焦りを感じることがあります。なぜ焦るのか、と言えば、それは私が歳を重ねて余命がどんどん短くなっていくこと、そして高齢者と呼ばれる世代にどんどん近づいていっているからだと思います。

 で、「何が20年前の予想と違うのか」と訊かれれば、それは単純に現在の「経済力」です。若い頃は、自分が今の私くらいの年齢になっていれば、かなりウハウハで暮らしていることを想像していました。しかし残念ながらまだ私はその生活を手に入れられていません(悲)。

 結局人間って、将来を楽しく感じようとしたら、資本主義社会に暮らしている限り、今よりも将来のほうが金銭的に豊かになる、っていうことが絶対条件だと思うんですよね。今と将来の金銭状況が変わらない、或いは今よりも将来のほうが金銭面で悪くなる、と思えるような状況では、将来を楽しみにするなんてことはできないと思うのです。

 或いは働かなくてもなんとか死ぬまで暮らしていけるだけの年金があるとか、或いは蓄えがあるとか、そういう経済的、金銭的な安心感が将来に対して夢や希望を持たせてくれると思うのです。ところが今の私はまだまだそういえる状況には到達していません。

 でもあと2-3割収入が増えれば、きっと少しだけ安心レベルに到達すると思います(笑)。私が若い頃思い描いていた状況の最低ラインはクリアすると思います(笑)。と、言っても2-3割収入を増やすというのは、「言うは易し、行うは難し」の典型のようなもんです。

 しかしそうやって考えてみますと、今の若い人達を取り巻く就業状況、雇用条件は本当にひどいとしか言いようがありませんね。20歳代前半くらいであれば、それでもまだ将来に漠然とした夢を描くことができるかも知れませんけど、30歳代半ばくらいにさしかかってくると猛烈に自分が今おかれている現実と将来に対する失望感と無力感、そして閉塞感に襲われるのではないかと心配になります。

 でもね、本当にそれを打開するためには、「一生懸命」やるしかないですよ。「今の時代じゃ、そんなの流行らない。今どきの若者に『ただがむしゃらに働け!』といってもムダ。豊かな時代に育った人達なんだから。」と言う人もたくさんいますが、だから日本はダメになったんとちゃいますか?

 いつの時代だって、どこの世界だって、恋愛だって、仕事だって、スポーツだって、勉強だって、もちろん人生もそうですが、そんなもん一生懸命な奴が勝つに決まってますやんか。そうでしょ、周り見てみれば誰だって気がつくはずじゃないですか。

 ただ、確かに今どきの若者は豊かな時代に育ったので、自分の周りに一生懸命頑張って勝ちを収めている人がいても、気にしない、というかのんびりしているんですよね。「俺は違う」とか「あんなにガンバらなくってもいけんじゃね?」ってな感じで。

 でもそうやってのんびりと斜に構えているうちに負け組へどんどん落ちていくんですよね。そしてそういう人達の割合が昔より相対的に増えたのが今の日本の状況なんでしょうね。結局一生懸命やること、努力することを知らないまま大きくなってしまった人がものすごく多いんでしょうね。

 どうします、今からの日本?一生懸命やる人はどんどん一生懸命やって、どんどん勝ち組になっていく時代なのにね。一昔前なら日本人のプロスポーツ選手で年俸10億円とか稼ぐ人はいませんでしたけど、今の時代はいますもんね。その道で一生懸命頑張れば、勝てる人は昔よりももっと勝てるようになっているんですよね。

 ダルビッシュや長友が生まれ持った才能だけでスポーツやってると思います?とんでもない。元々素質と才能がある上に、あの高いレベルを更に高めるために涙流すほど努力し続けているからあれだけの結果と報酬を得ているんです。

 頑張った人はどんどんカネを稼ぎ、頑張らないでのんびりしている人は貧乏なまま年を重ねる。そして親がお金を稼げなくなったら本当に一家で貧乏の底に落ちていく・・。完全に勝ち組と負け組が分かれていく時代になっています。

 でも負け組から抜け出すことは簡単ですよ。何度も書いているように「一生懸命」頑張ればいいだけのことです。勉強でも仕事でも、恋愛でもなんでも。ええ、恥ずかしいとか、かっこ悪いとか、この年齢で、とかそんなもの全部かなぐり捨てて一生懸命必死で頑張ってみるんですよ。

 言っておきますけど、世間の人はあなたのことなんか誰も気にしてません(笑)。だからあなたが「恥ずかしい」とか「かっこ悪い」と思っているのは、そりゃあなた自身が勝手に思っているだけ。周りの誰もそんなこと気にも留めません。「周りの人は自分のことばかり見ている」という自意識過剰が、あなたの可能性を狭めているだけ。バカバカしい話です。

 これからの人生、負けたくなかったら、カッコ良く生きたかったら、楽しく生きたかったら、豊かに暮らしたかったら、とりあえず一生懸命やることですよ。簡単なことですやんか。

 そうやって一生懸命頑張る人が増えれば、これからの日本は絶対良くなりますよ。だから諦めかけている人や、希望を失いかけている人に、ぜひ一生懸命頑張ってほしいです。もっともっと本気で、命賭けて頑張ってみましょうよ。

 だってもし「明日までに100万円用意できなかったら、お前のチ○○ちょん切るぞ!」と言われれば、多分ほとんどの人は何をやってでも100万円用意すると思いますよ(笑)。いえ、人間その気になれば恥も外聞もなくなんでもできるもんなんですよ。

 世の中何事も「気持ち」ですからね、大事なのは。「気持ち」があれば人間は宇宙にだっていけるし、動物は体の形を変えて空を飛ぶことだってできるのですから、大切なのは本当に「気持ち」です。

 宇宙にいくことや、体の形を変えて空を飛べるようになるのはなかなか大変でしょうけど、経済的に豊かになることくらいは誰だってその気になればできますよ。ええ、まずはやってみましょう、一生懸命頑張って何かをやり遂げてみましょう。

 そうすれば必ずあなた自身が変わります。私も負けないように頑張ります。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1248-d90ac1ab

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード