税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > もっとスカイプをビジネスに使おう!  

もっとスカイプをビジネスに使おう!

2012 - 03/03 [Sat] - 15:15

 今はインターネットを使った無料電話サービス、テレビ電話サービスなどもあります。パソコンにソフトをインストールすれば、世界中誰とでも無料で話せるという優れものです。

 このサービスの代表格がスカイプですが、まだまだ日本ではそれほどポピュラーではありません。海外に友達や家族がいる方々の間ではとてもポピュラーなのですが、日本でスカイプを使っている人にはあまり出会いません。

 でも先日LCC(LLCと間違えそうになる(笑))のピーチのテレビ取材の際に、徹底したコスト削減策として「無料のインターネット電話」(多分スカイプあたりか)を会社で採用しているという話がありました。私はそれを見て「うん、やはりスカイプをビジネスで使うのはアリだ」と改めて思いました。

 もちろんインターネット電話はセキュリティの問題がゼロとは言えませんから、そのあたりで慎重になることはよく理解できます。しかし、まあ、ご自身がなさっておられる仕事の内容から考えて、仮に見も知らずの他人に聞かれたからといってどれくらいの問題があるのか、ということを冷静に考えてみればコスト削減のほうが効果はずっと高いのではないかと思うのです。

 特に事務仕事の多いホワイトカラーであれば、今やパソコン一人一台なんて当たり前の時代なんですから、セキュリティの心配をそれほどしないですむビジネスマンであれば、スカイプをパソコンにインストールして、アカウントを取得しさえすれば、お互いに直通で、しかもタダで電話がかけられます。なので、日本でもみんな積極的に利用したらいいんじゃないかと思いますねぇ。

 事務仕事をしていますと、通信費というのも結構バカにならない費用になりますからね。何度もブログに書いていますが、とにかく今からの時代は人とモノの移動にかかるコストとスピードをいかに下げるかが大切なポイントです。

 通信費は直接人やモノの移動を手助けするわけではありませんが、電話料金がタダということはどれくらい長く話してもコストがかからないわけですから、すぐそばでしゃべっているのと同じ効果があるわけです。またテレビ電話を使えばより内容の濃いコミュニケーションが取れますので、人やモノを移動させる手間を省くことに大いに役立つのです。

 そう考えてみれば、無料のインターネット電話やテレビ電話をもっと積極的に利用することの意味というものをお分かりいただけるんじゃないかなぁ、と思うわけです。

 日本人は概して保守的で、特にネット関連のサービスについては海外(先進国、途上国にかかわらず)よりも一歩も二歩も遅れていると感じていることが少なくありません。でもこの不況の時代で、いろんなことにトライしていかなければ儲からなくなってきているのですから、こういったインターネット電話のようなサービスを積極的に利用してコスト削減とコミュニケーションの効率化をはかることも大切な事じゃないかと思いますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1244-950292ac

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード