税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 野田総理と谷垣総裁が極秘会談  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田総理と谷垣総裁が極秘会談

2012 - 03/02 [Fri] - 13:02

 党首討論の前に野田首相と自民党の谷垣総裁が極秘に会談をしていたという話がマスコミを賑わせています。

 「あの党首討論はガチンコではなく、出来レースだったのか。けしからん!国民を愚弄している!」と批判する向きもありますが、別にいいんじゃないですか?何がダメなの?二人は会談をしたことを全面否定し、マスコミは「いや、確認済み」と一生懸命報道しています。でもそれがどうだっていうのでしょう?

 今の政治状況を考えてみた場合、別に表であれ、裏であれ与党と野党の党首が会談を持つこと自体は全然問題がないと思います。そこで今後の国会運営などを協議することについても、一体何が悪いのか、国の状況を前に進めるために打合せを行うことはむしろ望ましい事ではないかと思いますね。

 いままでの民主党党首達は、小沢を除きショボイ政治家ばかりなので、寝首を掻き切るような卑怯なルール違反を平気でやる菅は別として、寝技・裏技の類をできないような人達ばかりだったように思うんですよね。或いはやっても下手くそすぎて全然お話にならないような気がするんですよね。

 でも野田首相は、そのあたり政治家らしい政治家という気がしますね。民主党の政治家としてはとてもマシでまともな政治家のように思えます。ただ、こんな会談の事実が表に出てくるところが唯一の失敗と言えば失敗だったのかも知れません。

 しかし今はツイッターだのなんだのという情報洩れのツールもありますし、会談があったお店の全ての社員・パートに箝口令をひくことが難しい時代なので、昔と比べてしかたがない面があるのかも知れません。もうちょっと慎重にやるべきだったかも知れませんが、それはそれとしても、政治の今後の展開を与野党で打ち合わせることは決して悪くないことだと思いますねぇ。

 更に穿ってみるならば、首相サイドか谷垣総裁サイドが、本当には会談などしていないのに「会談をした」というガセ情報をマスコミに流すことによって世論や政界の動きを見定めようとしたことも考えられるわけですよね。もしそのような腹芸を使ったとすれば、それはなかなかのやり手です。

 確かに今回の話はマスコミがおもしろおかしく飛びつく話題ではあるとは思いますけど、この会談自体をどうのこうの批判することはちょっと違うんじゃないかと思いますね。世の中なんでもかんでも衆目の下に晒せばいい、というワケでもないと思いますし、政治も含めて世の中には公にしない秘密があっても私は良いと思いますけどねぇ。

 有権者も仮に事実だったとしても「この程度の話は政治の世界では当たり前にあるもんだ」と理解した上で、いちいち目くじらを立てずに大きな目線から大きな流れの良し悪しを判断できるようにするべきではないかと思いますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1242-758adfa8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。