税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 野田さん、なかなか良い政治家かも・・。  

野田さん、なかなか良い政治家かも・・。

2012 - 03/01 [Thu] - 00:00

 野田総理、なかなかいい人物かも知れませんね。「知れませんね」と書いたのは、残念ながら所属している民主党があまりにショボイので、せっかくの彼の良さがかき消されている気がするからです。

 私が強くそう感じたのは、先日沖縄を訪問した際に仲井真知事に対してこれまでのゴタゴタを詫びた上で、「それでも辺野古移転がベスト」とはっきりと知事に伝えたところですね。なにしろ今までの民主党の政治家達は、本当にショボイヤツらばかりだったので、「最低でも県外」と発言して全てをぶち壊したお坊ちゃま総理も、極左テロリストのような次の首相も、その他の大臣級も仲井真知事から「県外移転を」と迫られると、「その方向で最大限努力します」とどいつもこいつもご機嫌伺いしていましたからね。

 しかし野田総理は「辺野古移転が一番良い解決策」とはっきりと知事を前にして発言しています。それは何度もブログに書いていますように、普通に考えて当然なんですよね。沖縄がどれほど東アジアの安全、もっと言えば中国の脅威から日本を守るために大切な場所であるかというのは、言わずもがなのな話なのです。

 最近よく言われているように、10年ほど前でしたかねぇ、もっと前でしたっけ、フィリピンから米軍が撤退してフィリピンが自前で国防を行ってきたわけですが、最近中国がフィリピンに対して激しく侵略してきているのも米軍がフィリピンから撤退したことが大きく影響しているとのことですからね。

 だから沖縄から米軍が本当に撤退したりしたら、中国がどれほど日本の領海や領土を侵略してくるかなんて火を見るよりも明らかなことです。米軍が沖縄にいる現状においても既に官民共に領海侵犯を平気で行い、勝手にガス田開発を行うくらいなのに、米軍がいなくなればどこまで攻めてくることか。そんなこと誰だってわかっているはずです。

 だから沖縄から米軍を撤退させるなんて、自国軍での防衛が手薄な日本にとって自殺行為に近いので、そんなこと現実的にできるはずがないのです。これははっきり言って国益の問題であって、沖縄地域の住民の損得の問題ではありません。だから残念ながら、中国がここまで存在感を強めようとしている現状では、沖縄に基地を置かなければならないのです。

 消費税の話といい、米軍基地の話といい、野田総理は正論をわりとはっきりと言っていると思います。少なくとも民主党の今までの総理や政治家達でここまではっきりと言いにくいことを言ってくれている政治家は野田さんが初めてだと思います。

 政治は綺麗事だけでできるものではないのです。野田総理が就任当時に言っていたように、誰かが泥をかぶる必要があるのです。誰かが言いにくいことを言う役を買って出る必要があるのです。「官僚の言いなりだ」と揶揄する人も少なくありませんが、それでもこれだけ自分が不利になることを承知の上で発言できる政治家は近年あまり見かけなかったのではないでしょうか。

 また彼の過去の発言を取り上げて「いまの政治的主張と正反対のこと言っている。ウソつきだ!」と言う人もいますが、立場や状況が変われば考えが変わるのは当然。野党時代に言っていたことが与党になってから変わるのはある意味当たり前です。

 なんでもかんでも状況も省みず自分の凝り固まった考えを言うだけなら、社民党や共産党の議員と一緒です。そんな「ただ頑固でバカなだけ」な政治家が良い政治家だとは思いませんし、正しい方向への転換なら、朝令暮改も決して悪くないと思います。

 ただ本当に不幸なのは、野田総理が総理になった世間の状況があまりに悪すぎることと、出身政党が民主党であったこと。そして前任者のハトと菅があまりにひどかったので、マイナス100くらいからのスタートになってしまって、おかげで少しくらい良いことをしたってなかなかプラスの評価を世間からもらえないことです。

 でも、なかなか野田さんは良い政治家かも知れませんし、なかなか肝も据わって弁も立つ人物だと思います。本当に惜しむらくは彼が出現した状況があまりに悪すぎたこと。周りや環境が悪すぎるように思うのです。

 今までの野田総理の言動を振り返ってみても、筋も通っていますし、ぶれませんし、方向性として日本の国益を冷静に考えていると思います。なんとか頑張って彼のやりたいようにやってみてほしいと思いますが、何しろ党内野党がたくさんいる民主党で、総理の足を引っ張る人間ばかりですからどうなることでしょうか(笑)。

 親中派、左派が多い民主党において、野田総理は珍しく保守本流を堂々と主張できる政治家だと思いますね。是非ともこの調子で変な妥協をしないで頑張ってほしいものです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1237-4020b854

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード