税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュース > 年金運用先の投資顧問会社に業務停止命令  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金運用先の投資顧問会社に業務停止命令

2012 - 02/24 [Fri] - 12:11

 AIJ投資顧問、業務停止命令を受けたのだとか。すみません、私はこの会社を全然知らなかったのですが、年金資金などの運用先だったのだとか。

 2千億円の投資資金が消えてしまったのだとか。単純に言えば、嘘八百の運用実績を顧客に報告していたんでしょうね。多くの投資資金は大企業や中小企業の厚生年金基金なのだとか。こんなことがあるから年金って信頼できないんですよね。

 ちょっと前にも酒販業の年金基金か何かでも同じような事件がありましたよね。あのときだって「老後のために預けたお金が気がついたらどこにも残っていませんでした」って話で、完全に詐欺ですよ、こんなの。こんなことになるのならどこにも預けないでタンス預金してたほうがマシなくらいですもんね。

 「安心な将来のために」なんて文言でパンフレットを山ほど印刷して同業者から広くお金を集めておいて、それを預かって運用する側がいい加減だったらそれを食いつぶすだけで終わっちゃうわけですからね。ええ、その基金の職員や、資金運用先の会社の社員の高額な給料に消えただけの話ですよ。

 バカバカしいったらありゃしない。今回のAIJ投資顧問だって「年200%の利回り」を謳い文句にしていたそうですけど、普通に考えてそんなことできるわけないですよね。いえ、もちろん何年間かはできると思いますよ、彼らはプロですからね。

 でも年金資金とかって何十年も先まで安定して利回りを出してくれないとダメじゃないですかぁ。瞬間的に何年間かは200%で利回りが付いても、それ以外の年に元本割れをジャンジャンしていたら意味ないじゃないですか。

 「安定した将来を」とか言っておきながら元本がほとんど無くなっちゃうなんて、はっきり言って詐欺ですよねぇ、これは?詐欺ですから、お金を出した方は大損してますけど、どこかに大儲けしている人がいるんですよね。

 それにしてもこの投資顧問会社の監査を誰もやってなかったんですかね?普通、少なくとも預貯金や金融財産の残高証明や時価を第三者が確認すれば、この投資顧問会社の実態などすぐにわかったはずでしょうに。監査がされていたのであれば、その監査法人にも責任の一端があるし、監査されていなかったのなら端から話になりませんわね。

 だからねぇ、こんな事件があると年金、それも業界の年金基金って信用できないんですよ。税理士だって年金基金とかありますけどいまいち信用できないんですよね。そりゃ、昔からかけてきた人は「得した」っていう話をしますけど、これからの時代はわかりませんもの。だって厚生年金とかと一緒で、これから年金の支払いが本格的に増える時代に入るんですからね。

 本当に世の中何を信用していいんだか。昔の日本はなんでも公的なものを信用して預けておけば将来の安心が手に入れられましたが、今の日本は全く逆ですね。公的なものを信用するほうがバカを見るような感じ。「大丈夫ですよ!安心ですよ!」って言ってる連中ほどウソ臭いですよね。

 中国人やインド人がそうであるように、他人、特に国や役人に過度な信頼を置かないで、自分の財産や安全は自分自身で守る、という本来であれば当たり前の考え方が日本でも大事になってきたのかも知れませんね。でも、本来はそういう姿勢が自由主義、資本主義社会では大切ですもんね。

 日本という国の信頼が徐々に揺らいで行っているような気がしますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1234-ecff88d5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。