税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > とうとう電卓が壊れた・・。  

とうとう電卓が壊れた・・。

2012 - 02/07 [Tue] - 18:08

 あーあ、とうとう私の最も大切な戦友とも言うべき電卓がお亡くなりになってしまいました(笑)。ここ1年くらいちょっと調子は悪かったのですが、とうとう電源を入れると「0」ではなく「8」が表示されるようになってしまいました。

 接触が悪いのか、昨日までは最初に「8」と表示されても、ゴニョゴニョと電卓をいじれば直っていたのですが、とうとう今日は全く直らなくなってしまいました。本当に税理士受験生時代から今日に至るまで私の絶対的信頼を得ていた片腕だったのですが、残念なことになりました。

 この電卓には本当にいろいろな思い出がありますねぇ。会社員を辞めて、全く畑違いの税理士という仕事にトライしようと思って、お金もなく一番貧乏だったときに清水の舞台から飛び降りるつもりで1万円も奮発して買ったんですよね。もう私の苦楽(楽はあまりなかったけど・・)の全てを知っているのはこの電卓ですからね。

 本当に思い出すと涙が出そうなこともありましたが(といいながら既に目が潤んでいる(笑))、いつもこの電卓が私のそばにいて、私を支え、私を鼓舞し続けてくれました。でもいつかはこの電卓も壊れてしまうんですよね。それはしかたありません。よく十数年私のそばで何も言わずに、私の激しいタッチにも耐えて健気に正確な計算をし続けてくれました。本当に感謝しています。

 この電卓のおかげで税理士試験をなんとかくぐり抜け、そして税理士としての仕事をなんとかこなしてきたのは紛れもない事実です。それほど私にとっては本当に大切で信頼できる相棒でした。しかし残念ながらとうとう一緒に仕事をできなくなる時がやってきてしまいました。

 でも良い方に捉えてみるか。つまり苦労ばかりを共にしてきた(私は自分の人生を「苦労」と呼ぶのは大嫌いですが)電卓が壊れてしまったことで、これからもっともっと豊かな人生が広がるのだと。しんどいときだけを共に過ごしてきた電卓が「もう俺があんたを支えてあげる期間は終わった。俺は全力でお前を支えたから本当に疲れた、これ以上はもうムリだ。だからこれからは俺ではない別の電卓と一緒に新たなステージに踏み出しなさい。そして過去を振り返らずより大きく羽ばたきなさい。」と私に諭しているのだと。

 しょうがないので、同じメーカーの後継機種のような新しい電卓をアマゾンで買い、一両日中には手元に届くと思います。もちろん今まで使っていた電卓のような風格もないし、使いやすさもないかも知れませんが、これからはその新しい電卓と共に私の新しいステージが開いていくのだろうと思っています。頼むぞ、新しい相棒。

 でも、やっぱりこれだけ長く一緒にいた相棒ですから、いざ壊れてしまうと悲しいですね。ああ、自分が書いている文章を読んで、自分で泣けてきた・・(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1217-48291737

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード