税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 権利主張と自己主張は人間として最も原始的  

権利主張と自己主張は人間として最も原始的

2012 - 02/05 [Sun] - 00:23

 自由や権利というものは、他人に迷惑をかけてまで手に入れるべきものではないと思いますね。最近の学校教育における君が代、日の丸問題なんかについてもそうなのですが、あれにしても結局のところ学校の先生達の「個人的な思想」を生徒達に無理矢理教え込んでいるだけなんですよね。

 確かに日の丸や君が代を好きになるのも、嫌いになるのも自由なんですが、学校の先生がやっていることは「日の丸、君が代はノー」を教え込んでいるだけのことなんですよね。これは全く自由な教育とは言えません。

 だったら逆に生徒や父兄から「なぜ先生達は君が代、日の丸に反対するんですか?私たちは日本人なのですから、君が代や日の丸に誇りを持って、敬意を示すべきではないですか?私はそれが正しいと思います。」と意見が出ても、それも個人の考えですから先生が否定するのは間違っていますよね?それが先生方の主張する「自由な教育」のあるべき姿でしょう?

 でもそんなことを学校の先生に言ったとたんに100くらいの反対意見が出てくるでしょうね(笑)。別に君が代日の丸に賛成する人が日本にいたっておかしいはずではないのに、それを全力で否定するなんて教育者の姿勢としては絶対的に間違っていますよね。「自由な教育」とか言いながら、やってることはただ単に「自分達の著しく偏った思想の押しつけ」ですからね。全くあきれかえっちゃいますよ。

 で、冒頭の話に戻るんですが、学校の先生にしてもそうなんですが、世の中には自由と権利というものについて完全に勘違いしている人が増えすぎているんじゃないかと思うのです。そりゃあ自分の思想・信条・信念に基づいて行動したり、意見を述べるのは誰でも自由にできるべきなんですが、そうやって行動することが他人に迷惑をかけるのであれば、それは単純に「他人に迷惑をかけている」だけの話だと思うんですよね。

 そんな迷惑をかけられた人から見れば、当然迷惑をかけた人に対して抗議を行ったり、場合によっては損害賠償を求めることも当然自由ですし、権利が与えられているわけです。でもそんなことをお互いがやり始めると世の中ケンカだらけになるわけです。もめ事が絶えない社会になってしまうのです。

 それは社会の成立過程を振り返ってみると、最も原始的で幼稚な社会のあり方なんですよね、他人の迷惑を顧みず自分の権利と主張だけを行うということは。他人とのつながりの中で人間が生きてきて、そして社会が少しずつ大きくなっていく過程で、人間は「他人とできるだけ争わないで仲良くする知恵」というものを身につけたはずなんです。

 つまり社会が成熟すればするほど、本来不平・不満があってもそれを上手く爆発させないような社会のあり方、常識、モラル、ルール、習慣、考え方などができあがってきているはずなのです。しかしそれを急進派、リベラル派などの、いわゆる左派の方々はブッ壊そうとするわけです。つまり「もっとワガママになれ、不平不満を我慢しないで自分の意見を相手にぶつけろ!」的な思想を持っているのです。そして彼らはそういう思想こそが「最も先進的で、人間が個人として在るべき姿」だと思っているのです。

 しかしそれは上に書いたとおり、人間の社会の進化を退化させるに他ならないんですよね。なぜならそのような個人主義思想は、自己満足にのみ基づいており、他人のことなど一切お構いなしの、社会に争いをもたらすだけの思想だからです。人類は様々な歴史を経て争いをなるべく減らそうと努力して進化してきたにもかかわらず、それを争ってでも自己の意見を主張すべき、という原始的な社会に逆戻しさせようとするわけですからね。

 弁護士や法律家と呼ばれる人達が左派であるのは、こうやって考えれば至極当然です。なぜなら人々が自分の意見を主張してくれて、世の中に争いごとが発生してこそ弁護士は商売になるからです。もし世間の人達が恐ろしく成熟して、他人との争いごとを上手く回避することができる人達ばかりで、世の中に争いごとがなければ弁護士の仕事などなくなるからです。

 ですから彼らから見れば、世の中を左翼的思想で洗脳して、人類が社会を形成していく過程で忘れていた権利意識と自己主張を思い起こさせることで人々の思考レベルを低下させて、社会を退化させて争いごとが増えるほうがいいわけです。巧妙ですね。まあそもそも世の中の争いごとを論破して解決しようと考えている人達ばかりなのですから、当然といえば当然ですが(笑)。

 それは冗談だとしても、でも真面目な話、私はできる限り世の中から争いごとを回避させようと、自分の主張を少し抑え、周りの人の意見に耳を傾け、できる限り穏やかに日常を過ごしていこうとお互いが努力することは、人類の最も進化した姿だと真剣に思います。

 権利主張と自己主張を行うことが先進的な思想であるとは全く思いませんね。むしろ最も原始的で幼稚な人々の在り方だと思います。そういう意味では、日本は元々凄く優れた文化と国民性を持つ国のひとつだと思っていたんですけどねぇ・・。

 学校の先生や法律家達が日本社会のきわめて高度な在り方を全て破壊していっているようにしか思えませんねぇ・・。まあ、もちろん国際化によって海外との交流が増えるようになってくると、日本人も諸外国の連中程度にレベルを落として自己主張と権利主張を行わなければ負けてしまうのかも知れませんが・・(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1214-e746e075

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード