税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > 東電17%値上げに対する怒り  

東電17%値上げに対する怒り

2012 - 01/27 [Fri] - 10:15

 まああまりいちいち反応するのもけったくそ悪いと思ってブログに書かなかったのですが、東電が大口需要家向けに17%の値上げを発表し、家庭向けの料金も値上げを検討しているというニュースがちょっと前にありました。

 しかし、普通に考えてこの時期17%の値上げって、ありえますか?日本の民間の企業で「すみません、17%値上げさせて下さい」と頼みに来るところなんて今どきありますか?そんなこと言ってきたら、言われた方も通常は「ああそう、好きにしたら。悪いけど取引は金輪際停止ね。」と言うか、黙ってあごの骨が折れるくらい殴るでしょうね(笑)。

 東電は「コストが上がったので17%の値上げのお願いを」と言ってるようですが、その「17%のコストアップの理由」は何やねん?って思いませんか。今どき17%も経常的に値上がりしているものってありますか?

 原子力発電から火力発電に切り替えたことによる燃料代、という話を聞きますが、本当にそうなの?もしそうだったら原子力発電はやっぱりコストの安い発電方法だった、ってことになるわけですね?しかしこの驚異的な円高の状況においても火力発電のための燃料ってそんなに高いの?

 「燃料代が上がった」って言いますけど、そんなもん、東電が泣けよ。普通の民間企業なら17%の値上げなんか恥ずかしくて客に言えまへんで。17%もの値上げをシャアシャアと言えるなんて、ホンマに東電の思考は税金を取り立てるお上と一緒ですわ。

 17%の値上げを客に頼んでも、客も他から電気を調達することができないから払わなしょうがないですわね。それってお上が増税を決めると、国民が断れないのと一緒ですやんか。だったら東電なんか民間企業とちゃいますやんか。民間企業のくせに、客が断れない値上げができるなんて、そりゃそもそもシステムがおかしいでしょうに。そんなん出来レースの談合と一緒ですやんか。

 でももし東電の値上げが世間的に通るとしたら、アホ菅の命令の下で停止状態の原発が多い日本全国では、他の電力会社も同様の値上げを目論んでいるはずですよね。だったら「原発も実はコストが高い」と原発事故直後に言っていた評論家達の意見はどーやねん?あれはやっぱりデマカセかいな?

 なんかどいつもこいつもえーかげんな世の中ですなぁ。ほんで17%も値上げをさせてくれ、と言ってきた東電の社員には冬のボーナスが支給されたんでしょう?例年よりは少ないとは聞いていますが。でもこんな大変な事故を起こして巨額の損害賠償費用を捻出し、お上に資金を助けてもらおう、と言っているような会社の社員がなんでボーナスもらえますの?

 組合との関係?そんなもん知りますかいな。まず値上げする前にボーナスなんか100%カット、給料だって20%くらいカット、イヤ半分くらいにしたってエエくらいとちゃいますか?だってそれくらいの会社の危機でしょう?

 こんな会社の危機を迎えているにもかかわらず、それなりの世間並みの給料をもらえると思っている社員も頭おかしいですよ。そんなん、世間にこれだけ迷惑かけてるのに給料なんかもらえるはずありませんやんか、なに考えてんねん。それがイヤやったら、転職したらよろしいやんか。できへんのやったら安い給料でも我慢して働いたらええですやんか、それが世間の姿ですよ。

 ふざけすぎですわね。事故直後は何でもかんでも東電のせいにするマスコミや世間に自制を求めるべきだと思っていましたが、時間が経った今となっては東電もそれなりの責任は果たしていかなきゃ今度は世間が許しませんで。17%の値上げを発表した時点で、私の中で「許しません」は「怒り」に転換されましたね。

 こんな世の中を舐めた会社なんか潰しちゃえ。そして民事再生させてローコスト体質の会社に作り替えるべきですね。もちろん賠償の債務は引き継いで、という条件は必須ですが。それと複数企業による競争は絶対ですね。もう二度と「17%の値上げ」などとふざけたことをシャアシャアと電力会社が言えないようにするためにも。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1202-58e88494

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード