税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 毎年この時期の給与関係業務、大変ですよね。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年この時期の給与関係業務、大変ですよね。

2012 - 01/20 [Fri] - 00:47

 税理士にとってはこの時期一年のうちで最も忙しい時期のひとつですよね。大きい会社でしたら年末調整は年内にやってしまいますが、小規模事業者では年を越してからの10日、または20日までに年末調整を行うケースが多いと思います。

 その計算を税理士がやるので、街の小さな事務所の税理士さん達は新年になってからはいきなりスタートダッシュで各関与先の年末調整業務、給与関連業務に取りかかるわけですよね。結構これがハード(笑)。私もおかげさまでようやく一段落つきました。

 他の税理士さんがどういう仕事の流れをしているのか知りませんけど、私の場合は年末調整と給与支払報告書、法定調書合計表、そして償却資産税の申告をいっぺんにやってしまいます。ですから基本的に20日までに1月末までにしなければならない仕事を終わらせてしまいます。

 その理由は、勤務時代の最初の頃は20日までに終わらせなければならない年末調整業務と、1月末まででよいその他の業務を別々にやっていたのですが、結局二度手間になることばかりということがわかり、だったら年末調整をするときに全部いっぺんに終わらせてしまえば仕事も一度に終わるし、ファイリングもラクだし、ということでそのようにやっているわけです。

 その中でも従来めんどくさかったのが、給与支払報告書の提出と合計表の提出ですが、ここ数年は電子申告のおかげで猛烈に作業がラクになりました。トクに給与支払報告書の市区町村への提出については、本当に対応が遅かった芦屋市も今回より参加することでようやく私がかかわる関与先については全てが電子申告処理できるようになりました。

 これは本当に助かります。おかげで今年の給与関係処理については郵送はゼロ。もちろん償却資産税も電子申告で提出しているので、本当に完璧にゼロ。郵送する手間も要らないし、後から役所から返送されてくる書類をファイルする必要もないので、本当にラク。「電子申告済」のデート印をポンポン書類に押していくだけ(笑)。

 周りの税理士さん達の話を聞いていますと、結構まだまだ給与支払報告書や償却資産税の電子申告を行っていない方たちも多いみたいなのですが、これらを電子申告するとメチャクチャ作業がラクになります。ほとんど机から動く必要が無く全ての業務が終わっちゃいます。この時期一番手間がかかるのが給与支払報告書と償却資産税の提出作業だったので、これを電子化させる意味と言うのは凄く大きいです。

 こんなラクに仕事を片付けさせてくれるシステムをせっかくお上が用意してくれているんですから、使わないなんてソンです。偏った思想を持っている税理士さんや、高齢税理士さんはトライしないのかも知れませんけど、一度やってみれば今までやってた書類提出なんてバカバカしくって二度とやりたくなくなりますよ、絶対。

 まあパソコンが普通に使えて、税務ソフトを使っている税理士さんでしたら、あんまり思想やイデオロギーにこだわらないで素直にやってみることをぜひともお勧めしますね。本当に目から鱗か、というくらい仕事がラクになりますよ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1194-481d0a16

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。