税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > 話が面白くない人の特徴ランキング  

話が面白くない人の特徴ランキング

2012 - 01/11 [Wed] - 19:06

 ネットを見ていますと「話が面白くない人の特徴ランキング」というランキングを発見!

 ランキングを見ていますと「1位 自慢話が多い」「2位 他人の話の腰を折る」「3位 話にオチがない」・・と、「なるほど、確かに」と思わせる内容。なかなかいいランキング内容ですねぇ(笑)。



 1位の「自慢話が多い」と9位の「自分が面白いと思うところを何度も言う」は、私も注意しなきゃいけない点なんですよねぇ。根が嬉しがりなもんですから、嬉しかったことや面白かったこと、楽しかったことなんかがあると、ついつい調子に乗っちゃうんですよね。で、同じ話を何度もしちゃいますしね(笑)。これは自分の悪い癖だという自覚があるので、頑張って押さえるようにしてますが、時々出ちゃうのがまだ修養の足りないところ。ブログでもたぶん時々自慢が入っちゃってると思いますので、読んでいる方には申し訳ないです。

 3位の「話にオチがない」、これは特に関西においては1対1で話をするときでも、グループでしゃべっているときでも、とにかく厳しくチェックされる点ですよね(笑)。関西で会話をするときは、暗黙のルールとして自分で話題を切り出したときには自分でオチをつけるのがありますよね。

 もしオチがないのに安易に話し始めると、話が終わったときに「それで終わりかい?で、オチは何やねん?」と厳しく突っ込ますわね(笑)。オチについては、別に笑わせても、驚かせても何でもいいんですけど、とにかくオチをうまくつけて会話をすることが求められますよね。なので関西にいるとそのあたりの話のもって行き方は鍛えられますよね。さすが吉本を小さいときから見て育っている土地柄です(笑)。

 そのほかにも5位の「知らない人の話をする」と8位「その場じゃないとわからない話をする」も自分で注意しなければいけない点ですね。話を聞いている相手から見れば、自分がわからない話を延々されても楽しくないし、つきあって話を聞くのがしんどくなりますからね。やっぱりそのあたりは聞く人の身になってしゃべってあげないといけませんね。注意しなくっちゃ。

 そして4位の「ネガティブな話が多い」と7位の「度が過ぎる毒舌」。これも私が昔よくやっていたことなので反省しきりです。今は意識して、絶対に近いくらい会話の中ではやらないように心がけていますが(ブログではよく毒を吐いています、すみません(笑))、これをされると聞いている方は本当に楽しくないですもんね。

 ふうむ、こうやってランキングを見ていますと、他人の話に対して「そうそう」と思うばかりでなく、自分が今までやってきたことがずいぶんと他人を不愉快にさせてしまっていたのではないかと大いに反省させられるところです。

 これはなかなか面白いランキングです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1182-4e91ce80

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード