税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 東大法学部はバカしかいない  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大法学部はバカしかいない

2012 - 01/08 [Sun] - 10:44

 「東大法学部はバカしかいない」という検索キーワードを見つけました(笑)。いやあ、偏差値オーバー70(もしかして80レベルの連中か?)の人たちに対してなかなか言えるセリフじゃありません。少なくとも私は言えまへんなぁ(笑)。

 「東大法学部はバカしかいない」って、どういう理由でそう思えるんでしょうねぇ。たまたまあなたの意見と東大法学部出身者との意見が合わなかったから?それとも東大法学部出身者の態度が高慢だから?或いは東大法学部出身者が逆にあなたに何でも合わせてくれるから?

 このブログにも何度か書いたかも知れませんけど、東大法学部出身者って、そりゃあハンパなく賢いですよ。ええ、一度聞いたことは多分一生忘れないくらい記憶力も良いし、理解力も抜群です。私の友人の東大法学部出身者は高校時代にNHK教育のフランス語講座を流し見しながらフランス語をスラスラ覚えていましたから。もちろん復習なんてしませんよ、だってテレビで一度見れば覚えちゃうんだから。

 彼らの頭脳は普通の人とは全くレベルが違うんです。で、レベルがあまりに違いすぎるんで、「世の中にそんなに頭がいい人がいる」ということに理解を示そうとしない人から見ると、逆に「バカ」に見えるんです。自分の考えや理解力とあまりに彼らが違いすぎるもんですから、物事に対する見方や理解の度合いも全然違うんですよね。

 まあ東大法学部出身者が高慢だから「バカ」と呼ぶのであれば、それはアリかも知れません(笑)。でも、東大法学部出身者が社会に出て高慢に振る舞うなんて、東大法学部出身者ばかりがいるような職場にいるか、或いは本当にハズレの東大法学部出身者のケースくらいだろうと思います。

 逆に彼らは本当に賢いので、自分達が本当の賢さを前面に出してしまうと周りの一般人から浮いたり妬まれるということをよく理解しています。ですからワザと一般の人に合わせてレベルを落としてくれたり、本当はメチャクチャ詳しく知っていることでも「知らない。教えてくれる?」と訊ねたり、ものすごく腰を低くしてへりくだって接することだってできます。

 それを知らないで彼らを見ている人から見ると、きっと「何だ、東大法学部出身者といっても別にたいしたことないじゃん」と思えちゃうのかも知れません。でもそれは彼らの本心を知らないだけ。

 テレビにも最近は東大法学部出身者の弁護士などがよく出てきます。で、彼らもテレビでバカみたいなことをやっていることもあります。でもそれも彼らの「計算」の中で、そう振る舞うほうが自分にとって有利だということがよく分かった上でやっているだけのこと。

 周りから「あいつは東大法学部出身者なのにバカだなぁ」と思われたほうが何かとトクだとわかった上でやっているだけのことです。もしまともに論戦など挑もうとしたら軽く凹まされるか、逆に彼らから「こんなバカにナニを話してもムダ。本気で説明したってどうせわかりっこない。」と思われて上手くいなされるかのいずれかです。

 彼らは本当に「君子危うきに近寄らず」と「能ある鷹は爪を隠す」を地で行っているんです。彼らが本気を出すのは、彼らが本気を出すべき、と思う相手に対してのみ。彼らが本気を出していない姿を見て「東大法学部出身者なんてバカだし、たいしたことない」と思うなんて、そりゃあなたが彼らの策にまんまとハマっているだけです(笑)。

 そう思って彼らの行動や発言を見ておいたほうが、彼らと付き合う上では正しいと私は思いますよ。本当に彼らは頭が良いんですから、普通の人が想像するよりもずっとずっと。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1176-bd6523e4

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。