税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 人相 > 人相その4 「耳」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人相その4 「耳」

2006 - 05/18 [Thu] - 12:46

 今回は耳について書いてみましょう。耳はどの部分を見ていくかといいますと、まず大きさと形。そして耳たぶの形。それプラス耳の肉付きですね。ただし最後の耳の肉付きについてはあくまでおまけのようなものです。耳は心臓と密接な関係があると考えられますので、こういった耳の大きさや形や肉付きを見ることで主にその人の精神的面の強さ、人間的スケールの大きさなどを見ることができます。

 まず耳の大きさですが、耳が大きな人は精神的に余り緊張することが無く何事につけ気にしない方です。長生きの方はほとんど大きな耳の持ち主ですが、これは元々そういう性格だから長生きできたということもあるでしょうし、逆に長生きしている間に多少のことでは驚かなくなったからかも知れません。しかし大きな耳の持ち主はあまり動きが俊敏ではありません。

 一方小さな耳の持ち主は小心者です。どれほど人前でそうでないふりをしていたとしても本心はとっても小心者です。しかし小心者だからでしょうか、運動面では大変俊敏で何事につけ勘も良く頭も切れます。ですから陸上競技などの世界記録保持者などはほぼ間違いなく耳は小さめです。まあこの耳の大きさについては、大きい生き物の代表としてゾウを、小さい生き物の代表としてチーターを思い浮かべてもらえばイメージしやすいと思います。でもウサギは耳がでかいじゃないか、とかカバは耳が小さいとかそういった屁理屈はこの際言わないで下さいね。あくまでイメージですから。まあ小さな耳をしている人は確かに賢く、いわゆる切れ者と呼ばれる人が多いのですが、やや人間的なスケールの大きさには欠けています。

 さて次に耳の立ち方を見ます。これについては耳が立っている人の特徴だけしか私は見いだせていないのですが、タレントの佐藤藍子や脱北したジェンキンス氏などのようにパラボラアンテナのように凹凸のあまりない大きな耳が立っている人の場合、本能的に自分を引き立ててくれる人や状況を捜す能力に長けており、その結果経済的に成功する人が多いように見受けます。ただ寓話のコウモリのように、こっちではこう、あっちではこう、のように向かう相手によってコロコロとキャラクターと話を変えることができる日和見主義な人なので、人としてやや信用できにくい面もありますが、大抵は誰かに引き立ててもらってお金持ちになるでしょう。どういう状況にあっても必ず自分を引き立ててくれる人が現れて比較的のほほんと暮らしていけるのがこの耳の持ち主です。

 次は耳たぶの形ですね。これはイチローのように耳たぶが無い人、松井や大魔人佐々木のように耳たぶが大きな人、そしてそれ以外の普通の人という風に分けます。イチローのように耳たぶが無い人、これはもう私は例外を見たことがありませんが、こういう人はものすごくせこいです。自分のためにはお金を使いますが、他人のお金を払ってあげるということは絶対にしない人です。こういう人は飲み会などでだれがお金を払うか、というような場面になると真っ先にすーっと消えていってしまう人です。勿論イチローくらいお金を持っていればおごることもあるのでしょうが、基本的にケチで人のためにお金を使ったり他人のためにタダで自分が動くなど絶対に嫌いな人です。できれば自分の飲み代も払わず、あわよくば誰かにおごってもらってタダで飲むことばかり狙っているような性格の人です。これは私の観察の結果100%自信を持って言えます。

 また耳たぶが無い人は大抵耳の肉付きも薄く、人間的にはとても小さな人ばかりです。恐ろしいまでに利己主義で、自分のことしか考えていません。不幸にもこういう耳をした人が自分の上司になったりすれば、自分の手柄は上司に持って行かれる、失敗は部下のせいにする、自分の上司のご機嫌ばかり取って部下には怒鳴り散らす、そういうタイプで最悪でしょう。お気の毒ですがサラリーマンとしては最悪の上司を持ってしまったとせいぜい自分の不幸を嘆いてください。

 次に耳たぶがでかい人、いわゆる福耳の人ですね。こういう人はとにかく精神的には図太いです。少々のことでへこむこともありませんし、何より何も気にしません。何も気にしない性格なので、その性格が良い方向に行けば社会的な成功を収めやすくお金持ちにもなれます。ところがその性格が悪い方に向かえば、これはもう最悪です。何しろどのような悪いことをしても、どのように自分が世間から後ろ指を指されていようと全く意に介さない性格なので、連続殺人を平気でする極悪犯罪者や日雇い労働者、或いはホームレスなどにもよく見られる耳でもあるのです。

 だから福耳をしているからといってその人を金持ちと判断したり、人間的にも布袋様のようにまろやかな人だと思うのは大きな間違いです。むしろ福耳の人は何も気にしない人なので、意外といつも怒ってばかりの人も多いのです。普通の人は自分が怒ってしまうと他人を不愉快にさせたのではないか、済まないことをしたな、と落ち込むのですが、福耳の人はは自分が怒って他人を不愉快にさせても全然気にしない人なのです。むしろ自分が怒っていたことすら忘れてしまうような人なのです。だからいつも怒っていられるのです。とにかく福耳の人は自分のやっていることも、他人のやっていることも何にも気にしないのです。だから自分のやりたいことに世間を気にせず打ち込めるので大金持ちになったり、世間を震撼させる犯罪者になったりするのです。

 あと最後に耳の肉付きについてです。よく人相の本にも書いてありますが、耳という部位はなかなか形が変わりにくい部分です。従ってなかなか肉厚なども変わりにくいものです。そんな耳にすらてっぷりと肉が付いているような人は相当栄養が行き届いていると言えます。これは鼻の頭についても同じ事が言えるのですが、肉付きの良い福耳で、鼻の頭の丸くて大きい、いわゆるだんご鼻をしているのは金持ちに共通して見られる顔の特徴です。耳たぶとか鼻の頭といった普通は最後に肉がつく部分まで肉付きが良くなるほど栄養が行き届く生活ができる人というわけです。ただしこれは鼻や耳だけではなく、顔や身なり全体がきちんとして金持ちの雰囲気を醸し出している人に当てはまることで、実は経済的には余り豊かではなく日々スナック菓子ばかり食べて単にカロリー過多でぶくぶく太ってしまった人にも見られる特徴であることも付け加えておきます。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/117-2f89a2b3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。