税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポーツ > 浅田真央、優勝、よかった。  

浅田真央、優勝、よかった。

2011 - 12/26 [Mon] - 19:44

 浅田真央選手、今年最後の大会を優勝で締めくくりましたね。おめでとうございます、頑張りましたね。

 しかしテレビを見ていてどーにも気になるのは、浅田真央選手について語るときに必ず「お母さんを失った大きな悲しみを超えて」とか「トリプルアクセルを飛ぶか?」といった表現。ほっとけよ、そんなもん(笑)。そんなん余計なお世話やわ。

 何なんでしょうね、日本のマスコミって。もしかして日本人の多くもそう思っていたんですかね?浅田選手が実際に演技を始める前には、ショートであれフリーであれ、「お母さんを失ってまだ日が経っていない中・・」という枕詞を必ず使って、暗に「浅田選手は悲しんで、練習不足だからいい演技ができるはずがない」と言っているかのよう。

 そのくせ「浅田選手はトリプルアクセルを飛ぶでしょうか?」とか「トリプルアクセルは浅田選手のこだわりですから」などと出演者が話し、さも「浅田選手は絶対にトリプルアクセルを飛ばないと、見ている側は許さない!」と言っているかのよう。しかも「練習不足だからトリプルアクセルを跳んでも、多分失敗するだろう」という半分ネガティブな期待を言外に込めて。

 なんやねん、お前らは。「お母さんが死んで哀しいですねぇ。この心理状態ではいい演技ができないでしょう?」と言いながら、その一方で暗に「トリプルアクセルを飛べ!」とか勝手に言って。ホンマに演技開始前から外野がゴチャゴチャゴチャゴチャ言い過ぎですよ。そんなん本当に心配しているのなら、そっと見守ってあげていればいいのに。

 それより何より、周りがごちゃごちゃ騒いだり心配しなくても、当事者の真央ちゃんが「やる」と決めて出場した大会なんだから、そんなもん素直に応援すりゃいいだけのことですよ。悲しみを感じているとすれば、それは真央ちゃんが一番感じているに決まっているのだから周りがとやかくいう必要もないし、本人以上に他人が心配する必要もありません。

 真央ちゃんは悲しい事があっても「それでもいける」と心に決めたからこそ出場するのですから、やるに決まっているんです。周りの人が心配するよりもずっと真央ちゃんは強いです。マスコミの人達が思っているよりも、ずっと強くてタフな心を持っているアスリートだと思います。だから放っといて見守ってあげりゃいいんです。

 なんで日本のマスコミは真央ちゃんを悲劇のヒロイン、不幸な中で健気に頑張っている女の子、的な扱いをしたがるのでしょう。スポーツなんだから試合に出場する以上、身内に不幸があろうがなかろうが本来そんなことをことさら強調して解説する必要なんてないのに。

 スポーツにそんな過剰な感情やドラマを求めようとするから日本人のスポーツに対する物の見方がおかしくなるんですよね。真央ちゃんはただ単に試合に勝つためにトリプルアクセルを飛ばなかっただけなのに、さもお母さんの死でメンタルが弱っているからトリプルアクセルにチャレンジしなかったような言い方をして。演技の後で佐藤コーチだって「まず勝ちを優先させるためにトリプルは飛ばせないようにした」ってはっきり言ってたじゃないですか。作戦ですよ、作戦。

 それなのに外野は演技の後で「トリプルアクセルを飛んで欲しかったなぁ」などと無責任で勝手なコメントをして、演技をしている真央ちゃん本人の作戦や考えなんか無視して勝手に盛り上がりやがって。さらには「浅田選手と言えばトリプルアクセルですから、次はぜひ飛んで欲しいですねぇ」とかほざいて、飛ばなかった真央ちゃんを「なんで今回無理してでも飛ばなかった?」とまるで責めるかのようなコメントまでして。

 ほっとけよ、そんなの。真央ちゃんは自分が試合に勝つことだけ考えて、勝てるための試合運びを行っただけのことですよ。優勝したんだからそれでええんとちゃいますのん?なんか不満ですのん?トリプルアクセル飛ばずに勝ったらあかんのかいな?許されへんのかいな?
 
 ほんまによー分かりまへんわ。いったいマスコミの連中は真央ちゃんにどうして欲しいんですか?何を期待してんの?お母さんが亡くなった悲劇の中で、傷心状態で試合に臨んで、それでも無謀にトリプルアクセルにチャレンジして、そして案の定無様にコケたところを見て「ああ、やっぱり真央ちゃんは悲しさに負けちゃったんだなぁ。しょうがないよなぁ。かわいそうになぁ。」とコメントして悲劇話をひとつ作りたかったわけ?

 本当にマスコミの都合で勝手な真央ちゃん像を作るんじゃないですよ。きっとマスコミからすれば、安全なプログラム構成で手堅く勝ちに行った真央ちゃんは、自分たちが期待していた真央ちゃん像と違うんでしょうね。真央ちゃんは勝ちのために妥協をするようなことをしちゃいけないんでしょうね。

 そう考えて見ているとほんとに勝手な話。ただ真央ちゃんを応援して、結果を手にしたことを喜んであげればいいだけなのに、あーだこーだと悲劇話を取り混ぜながら勝手に真央ちゃんの悲劇像を作って。本当に日本人、というか日本のマスコミってスポーツにドラマを作るのが大好きですね。そして何よりも他人の不幸話が本当に蜜よりも好きですよね。

 正直、呆れちゃいました。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1159-e14320b6

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード