税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > いまどきの「おもてなし」って、されて嬉しい?  

いまどきの「おもてなし」って、されて嬉しい?

2011 - 12/23 [Fri] - 12:49

 「おもてなし」という言葉が高級なサービスではよく使われます。この間も何かのテレビを見ているとセイシェルかどこかのホテルで、一組しか客を取らないという超高級ホテルの話があって、そこではホテルに入るなりズラッと従業員が並んで恭しく迎え入れてくれるシーンが流れていました。

 また日本でもレクサスでは「おもてなし」を全面に出して大変恭しく客を送り迎えしてくれるという話をよく聞きます。でも、個人的にはたとえどれだけ金持ちになったとしても、恭しく接待されることを私は全然気持ちよくも、嬉しくも思わない気がするのですが、世の皆さんはやっぱり他人に恭しく取り扱われるとうれしいものなのでしょうか?

 私は正直言って気持ち悪くて仕方ないんですよね(笑)。だから「レクサスに車を見に行きたい」と思っても、行きたくないんですよね(笑)。むしろ中古車屋で自由に車を見て自由に帰っていくほうが気が楽なんですよね。

 だってそうやって恭しく迎える人たちの本心はぜんぜん違うじゃないですか、いくらそれらしく振舞っていても(笑)。「なんかわからんけど、金だけ持って他人には横柄で偉そうな連中が来たから、連中の機嫌を損ねないで上手いことお金を落としてもらえるようにこっちも振舞おう」という下心に満ちてますよね、絶対。

 そんな表面だけ取り繕った連中にずらっと並ばれて恭しく迎え入れられて嬉しいもんですかね?むしろ私は本当のおもてなしって、完全にプライバシーを守ってくれるサービスだと思うんですよね。本当のお金持ちになればなるほど、他人の目にさらされたり、他人の目を集めることをしたくないと思っている気がするんです。私が仕事を通じて存じているお金持ちの方々、それもいわゆる「超資産家」と呼ばれるクラスの人であっても、本当に目立つことを嫌いますからね。

 だって「あの人金持ってるんだってね」と思われると、銀行や証券会社や信託銀行や、その他いろんな財産目当ての変な人達が寄ってきて、場合によっては身の危険にさらされることだってありますからね。いちいちカネ目当てに寄ってくる連中をいなすのもめんどくさいですからね。だから本当の金持ちほど何をするにも他人からはそおっとしておいて欲しいのではないかと思うのです。

 もちろん王様のように振舞って他人を下僕のように従えたい金持ちも中にはいるでしょうね。成金や芸能人や政治家みたいな人たちには。そういう方たちにとってはセイシェルのホテルや、レクサスの「もてなし」は嬉しいサービスなんでしょうね、きっと。自分を見るなりみんながずらっと並んで頭を下げてくれるのは快感以外のなにものでもないんでしょうね。

 でも、一方でお店やホテルから見ればそういう方たちは他人に文句ばかり言うややこしい客ですよね、ホントは。そんな人達ばかりを「金持ちモデル像」として捉え、そういう人達を想定したサービスを「最高のサービス」として提供するのはビジネス展開のやり方としてどうなんでしょうねぇ。ちょっとズレてませんかねぇ。ごく一部の超金持ち相手にするサービスならそれもアリなのかなぁ。

 ま、私の貧乏人としての感覚かもしれませんけど、世の中のお金持ちの人たちだって多くの従業員や店員にずらっと並ばれて「ははー」と頭を下げられることを「気持ちいい」と思っている人たちばかりだとは思わないんですよね。むしろ「そんなん恥ずかしいからやめて欲しい」と思うお金持ちも少なくないと思うのです。「もてなし」もやり過ぎるとただの慇懃無礼で、こんなん客から見たら「もてなしの押しつけ」或いは「もてなしという名の嫌がらせ、罰ゲーム」にしか思えません(笑)。きっついですよ、正直。

 本当のおもてなしって、そおっと迎え入れてくれて、そしてそおっと送り出してくれることじゃないかなぁと思うんですよね。そういうもてなしを受ける金持ちたちの行動を昔からよく「お忍び」って言ってたじゃないですか。一人、或いはせいぜい二人くらいのお店やホテルのトップや女将あたりに気持ちがこもった挨拶だけして迎え入れ、送り出してくれれば十分だと思うんです。本当に個人のプライバシーをしっかりと守ってお客の行動や存在をむやみに外部に晒さないようにするのが、本当にお客のことを思う「おもてなし」だと思うんですよね。

 日本に昔からある高級老舗のサービスはこんな感じですよね。さり気なく気配りをして、さり気なく大切に扱ってくれるという感じ。でも今は「高級」と呼ばれる旅館や飲食店などでずらっと並んで頭をさげるところもありますが、そういうところはバブル以降に有名になってようなところばかりですよね。

 まあ、もちろん人によって感じ方は違うと思いますし、今時は派手に歓待されることを嬉しく感じる人が多いのかもしれませんが、でもそれに嫌悪感を感じて、昔ながらのさりげない「おもてなし」を好む人も世の中には多いんじゃないでしょうかねぇ。

 レクサスにしてもそうですが、世の中に増えてきている品のない「勘違いした高級サービス」について、少し見なおしてくれないものでしょうかね。と、個人的には希望しています。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1155-4458e869

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード