税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 金正日のニュース、もうええやろ。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金正日のニュース、もうええやろ。

2011 - 12/20 [Tue] - 11:03

 昨日の午後から今日にかけて、ニュースにしろ、情報番組にしろ、金正日死去と今後の北朝鮮に関する内容ばかりですね。

 「ここはどこの国よ?」って訊きたくなるくらい北朝鮮の話題ばっかり。正直言って金正日が死のうがどうしようが、別にある独裁国家の独裁者が死んだだけの話でどーでもいい話。他のニュースが知りたいんで、ええ加減にして欲しい気分ですね(笑)。テレビカメラの前で気が狂ったように嘆き悲しむ「泣き屋」の連中の過剰な演劇も鬱陶しいし。

 ほんと、日本人って、というか、日本のマスコミってよその国の話が好きですね。金正日が死んだ話なんて、昨日のニュースで少し特集的にやればそれで終わりでいい話なんじゃないですか?多分韓国・北朝鮮以外でこれだけ金正日死亡のテレビ番組をやってる国なんて日本くらいでしょうね。欧米ではニュースで一報したらそれで終わりの話でしょう。

 それだけ日本と裏・表ともに利害関係がある国だ、ということも言えますが、しかしこのブログでよく書くことですが、何でもかんでもマスコミは踊らされて情報を垂れ流すんじゃないですよ。国家・国民の姿勢としては、敢えて騒ぎ立てなくてよいニュースっていうのもあるんです。

 「嫌い嫌いも好きのうち」というような言葉もあるように、北朝鮮のことや中国のことを「嫌い」と言いながら、情報を日本国内でこれだけ垂れ流していると言うことは「日本は中国や北朝鮮のことを凄く気にしているんです」と中国や北朝鮮に言っているようなもの。相手が余計につけあがります。

 これはね、本当にいけませんよ、日本のマスコミの態度としては。そんなんだから日本の国民の間でも知らず知らずのうちに周辺諸国の顔色ばかりうかがうような雰囲気ができてしまうんです。よその国のこと、しかも憎むべき独裁国家のニュースなんて2日もかけて流すようなもんじゃありません。

 はっきり言ってこんなのは昨日少し報道した後は、ワザと無視するくらいの報道姿勢でもよいくらいなんです。日本もそれくらいの外交上の腹芸もそろそろやりましょうよ。何でもかんでも騒ぎ立てて報道すんじゃないですよ、全く。

 そもそも金正日と北朝鮮の話ばっかり報道されたって、見ている方も面白くも何ともないし。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1148-4b819360

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。