税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 社会・経済 > なんでこんな所に労組がいるの?  

なんでこんな所に労組がいるの?

2011 - 12/08 [Thu] - 23:33

 沖縄で防衛局長や防衛大臣の発言をめぐって抗議活動を行なっている人たちの姿がテレビで映されていました。パッと見にはたくさんの人が集まっているように見えましたが、映像をよく見ると集まっているのはせいぜい50人~100人程度。実際には沖縄でも大して大きな抗議活動が行われているわけではないのではないでしょうか。

 それと奇妙に感じたのは、その抗議活動を行なっている画面で「○○教組」と書かれた赤いのぼりばかりを見かけること。

 別の日の映像を見ていても、抗議活動を行なっている連中は「○○連」とか「○○労組」とか書かれたのぼりを持っている人ばかり。これを見ていると、結局沖縄のいろんな反対活動や抗議活動を行なっている主だった連中は企業や教員の労働組合の連中ばかりではないかと思うのです。

 しかし先生の組合の連中が大臣の沖縄訪問の際に「帰れ!」と県庁前で待ち受けてるというのはどうなんでしょうねぇ。何やってるんでしょうね、この先生たちは。ちゃんと仕事してるんですかねぇ?あんたの仕事はこんな所で政治に抗議活動をすることじゃなく、子供に勉強を教えることなんじゃないの?

 本当にね、変なんですよ、労働組合って。これは別に沖縄だけの話じゃなくって日本全国どこでもいっしょだと思いますけど、労働組合ってやたら政治に口を出してくるんですよね。そんなことしてねぇで、仕事しろよ、仕事!ホンマに仕事もしないクセに、いっちょ前に政治に文句言うなんて、百年早ええよ。

 私も会社員時代に組合活動をやらされてましたけど、やってる活動を見るにつけ疑問符ばかり。組合の連中は今でも「消費税反対!」なんてやってますけど、私が組合活動をやっていた当時もちょうど消費税導入の頃でやたらと「消費税導入反対!」なんてことを組合連中は叫んでましたね。

 でも私には本当に理解できませんでしたね。なんで社内の労働問題の交渉のために存在しているはずの労働組合が、全然関係のない社外の問題、それも政治問題に積極的に関わろうとするのかが。しかも判で押したように思想的には社会、共産、民社という左翼系政党支持ばかり。何のために自分たちが活動をしているのか完全に勘違いしているんじゃないかと思ってましたね。

 今回の沖縄での抗議行動をテレビで見ていて、結局組合という組織が抗議をけしかけているだけなので、本当のところどれほどの抗議の意志を沖縄の人が持っているのかかえってよくわからなくなります。そんな訳のわかんないことばっかりやってるから、労働組合は人々から敬遠されるんじゃないですかね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1131-e641f5c0

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード