税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税務・会計 > 早くも与党内から消費税増税反対論  

早くも与党内から消費税増税反対論

2011 - 11/23 [Wed] - 19:08

 野田政権が打ち出した消費税増税案について、早くも与党民主党内からも異論が出ているのだとか。「増税」という一言を発するたびに起きる毎度毎度の光景。もう、なんか見ていてアホらしくなってきますね。

 このままいったらどうしようもないことがみんな分かっているクセに、腹をくくって批判を承知で国の方向を決めなければならない政治家達、それも与党の連中からの反対論。その理由も結局は「選挙で負けるから」という何とも聞いていて情けなるような理由。結局国のことよりも自分の利益しか考えていません。

 「増税よりも、○○という手法を使う方が絶対的に財政健全化にとっては有効だ」という理由で反対するのであれば議論が前向きであるのに、「選挙で負けるから」というのが理由だとは・・。じゃあいつまで経っても増税論議などできませんわね。

 また例のごとく小沢が後ろで発言して政権をかき乱そうとしているし。小沢ももはやナベツネと一緒ですね。他人がやることに文句ばかり言ってどんどん左翼ジジイになっていってる。

 じゃあ小沢だったらどう財政再建するんだよ?批判しないで実際に実現可能な代替案を出して党内で議論したらどうなのよ?文句ばっかり言って、自分の影響力をちらつかせるようなことばかりに腐心して。なんやねんこいつは。

 民主党内で唯一まともな政治家かと思って長い間小沢には一目置いてきましたが、最近は完全に民主党のガンになってきています。そんなに自分達が選んだ党内のリーダーに文句言うのなら、党を割って出ればいいのに。

 さあどうするね、野田さん。アホ菅のように腰砕けします?これで野田さんが消費税増税を前面に出して貫いていけば、将来の日本を危惧している有権者達からは一定の理解と支持が得られると思いますけどね。リーダーにとって大切なことは意見を簡単にブラせないことですよ。

 ひとたびリーダーが「やる」と発言したのなら、それが実現できるようにやり通すことですよ。身内から反対されてもその意思を通したのはここ20年の間では小泉だけ。だから良い悪いは別にして多くの人が小泉を信用したんです。

 野田さんにそこまでの決意があるかどうか、そこがこれから問われますよね。私は野田さんには消費税増税を貫き通して欲しいと思います。例え党内が分裂するようなことがあっても、総選挙を行わざるを得ないような状況になったとしても、ひとたび「やる」と言いだしたのであれば最後までその意思を貫徹させて欲しいと願いますね。

 それができれば、仮に政治の圧力で野田さんが総理を辞めなければならない場面が訪れたとしても、そのブレなかった姿勢と先見性に対して高い評価を受けることにつながるんじゃないでしょうか。

 大体政治的に大きなことをしようとすると、有権者からは反発を受けるもの。人間は基本的に保守的ですからね。でもそれを承知の上で、敢えてやらなければならないことを民に問うて実行するのが真の政治的リーダー。

 小沢はもうそんなり-ダーにはなり得ません。所詮自分の威光をちらつかせながら後ろで糸を引くだけの闇将軍。リーダーじゃありません。野田さんにはぜひともリーダーになって欲しいですね。例え闇将軍との争いで政治的に立場が追い込まれる結果になったとしても。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1113-e2fb0966

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード