税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > ニュース > オリンパスから200億円超の資金が流出  

オリンパスから200億円超の資金が流出

2011 - 11/21 [Mon] - 19:01

 オリンパスの粉飾決算事件に関連して、企業買収を装った損失補填を行った際のファンド関係者への報酬額として200億円超の資金が流れていたのだとか。

 ところでこの「損失補填」が誰に対する「損失補填」なのかどの記事でもはっきりと触れられていないのでいつもニュースや記事の内容がよく分からないのですが、多分オリンパスが元々所有して時価が下がってしまった株などを簿価でファンドに飛ばした際、ファンド側は当然ながら大損をしているのでその穴埋めを行った、という意味ではないかと思っているんですが、違うかな?

 だってオリンパス本体は、最初にファンドに有価証券を飛ばした時点で損も得もなく終わっているはずですものね。でないと飛ばす意味ありませんからね。結局飛ばした先のいろんな面倒をみるためにその後さまざまな工作を行った、ということですよね?飛ばしの際にファンドから受け取ったお金をファンドに環流させてやらないといけなかった、ということなんですよね?

 オリンパスの副社長は「資金の外部流出はない」(注:多分「ファンド以外の外部への資金流出はない」という意味だと思いますけど)と話していたそうですが、実際には200億円を越える資金が一連の粉飾決算スキームをアドバイスしたとされる大手証券会社OBや金融ブローカーに流れていたのだとか。

 しかし、そういった話が洩れ伝わるにつれ、なおさら分からないのは「そんな怪しい大手証券OBや金融ブローカーに200億円もの莫大な金を払って、一体オリンパスの経営陣は何を守ろうとしたのか?」という点。

 200億円と言ったら相当な大金です。いくら数人で分け合ったとしても、普通の人であれば一生あっても使い切れない金額でしょう。確かにオリンパスの経営陣にとってみれば、最初の飛ばしとその後の企業買収を装ったファンドへの損失補填スキームを考えてくれた連中に対する報酬はいくらでも払ってやろうという気持ちだったのかも知れません。

 しかしやはり額が巨額すぎますよね、普通に考えて。通常の報酬として支払う額であれば、よくいっても数億円程度でしょう。百歩譲っても二桁億円の前半でしょう。それをこんな法外な金額を支払わざるを得なかった理由というのは、口止め料の意味があったんですかね?それとも大手証券OB達に会社がユスられていたのかな?

 いずれにしてもオリンパスという大企業が、大手証券OBと金融ブローカーといういかにも怪しい連中達のいいカモにされていたのは事実。もし会社側が彼らを信用して頼っていたのだとしたら、それはもっと大バカな話。

 しかしこれらの連中からオリンパスがカネを取り返せる可能性はほとんどゼロでしょうね。どうせこの大手証券OB達の所在もよく分からないような連中でしょうしね。日本でまともに所得税を申告納税など絶対しているはずがないし。どうせパーマネントトラベラーか何かでしょうね。ええ、分かりやすくいえば住所、居住国不定ってことですかね。

 こんな魑魅魍魎な連中に200億円を超える大金を払って、本当にオリンパスの経営陣は何を守りたかったのでしょうか?会社(株主、社員、暖簾)の利益でないことは誰の目にも明らかですよね。やはり経営陣に対する責任追及から逃れたかったのでしょうか?いずれにしても報酬の額が巨額すぎて理由の想像もできませんね。

 ウッドフォード元社長が日本に来たがらない理由として「闇勢力から命を狙われるかも知れないから」と言っているそうですが、こんな巨額の金が会社から支払われるくらいですからあながちウソではないのかも知れません。こういう会社のスキャンダルからカネを搾り取れるだけ搾り取るのが闇勢力の常套手段ですからね。件の大手証券OB達もどこかで闇勢力とつながっていて、資金が大手証券OB達経由で闇勢力に流れているかも知れませんしね。

 ますます意味不明な状況になってきているオリンパスの事件。ただ単に元経営陣の地位を守るためだけの工作だったとは思えない、ものすごく大きな闇が後ろに広がっているような気がしてきました。

 とにかく誰かもっと会計的に分かりやすく事件の概要を説明してくれ!(笑)「損失補填」って一言で言われたって、会計上の損を埋めるためなのか、あるいはいわゆる金銭的な損失補填の話なのか、それも誰が誰のためにやっている話なのか、全然意味が分かんないよう。

 
関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1110-7c77a577

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード