税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポーツ > ソフトバンク日本一!  

ソフトバンク日本一!

2011 - 11/21 [Mon] - 02:00

 ソフトバンクが日本シリーズで優勝しましたね。おめでとうございます。

 何度もこのブログに書いていますように、今の私はそれほど野球に関心を持っているわけではないのですが、それでも優勝が決まる最後の場面はテレビで見ました。本当によかったですねぇ、ソフトバンクの皆さん、そしてファンの皆さん。

 実は私、ダイエー時代はホークスが結構好きだったんです。私がファンになるチームというのは、強く、そして上手いチームです。或いは「凄いな」と思う選手がいるチームとか。ですからその時々で応援するチームは変わっていくことがあります。

 ダイエーだった頃は、まず王監督が好きでした。王監督は現役選手だった頃から大好きでしたからね。また巨人軍を離れて当時弱小だったダイエーを強くするために福岡に単身腰を据えた、その決意の強さに泣きましたね。

 だって最初の頃はあまりに弱かったのでファンに囲まれて、監督が乗ったバスに生卵投げられてましたもんね。「王辞めろ!」とか言われて。それでも王さんは決して諦めることなくチームを強くするために、自分が巨人にいたこと、一時代を築いた偉大な選手だったこと、などのプライドを全て捨て去ってまで尽力したんですよね。「巨人にはもう戻らない、福岡で骨を埋める」と悲壮なまでの決意を持って。

 そして数年経ってみれば王監督が育てた選手や、選手に徹底して教え込んだ方針のおかげでダイエーは常勝チームに。そしてやがて王監督は福岡のファンから大変な支持を得ることになりました。罵声を浴びてプライドがずたずたになったであろう頃のことを考えると、そこまでチームを仕上げた王監督の意思の強さと熱意には本当に頭が下がります、本当に泣けます。ここまでやってくれる監督、今どきなかなかいませんよ。本当に偉大な方です。

 選手も最初の頃は私が以前大好きだった常勝西武の流れを汲む選手がいましたからね。秋山、工藤、よかったですね。だから今の監督になった秋山も好きですし、応援していますよ。それとダイエー時代の城島が好きでしたねぇ。やっぱりあの頃の投手陣を支えていたのは城島のリードですからね。バッティングも凄かったし。

 ピッチャーも和田とか好きですよね。軟投タイプですけど、なぜかマジックのように相手バッターは打てませんもんね。彼を見ていると、ピッチャーも球が速けりゃいい、ってもんじゃないと思いますね。

 ああ、そういえばダイエーの初代監督、根本氏もよかったですよね。西武からダイエーの基礎を作るために乞われて移籍。おかげで秋山や工藤などの西武の主力選手も移籍してくれましたもんね。その後はフロントに入ってチームを強くするために尽力、しかし残念ながら悲願の初優勝の年に優勝を見ることなく亡くなってしまいました。これも泣ける話。

 そしてダイエーは今のパリーグにおける地域密着球団の礎のようなものでしたからね。ダイエーは多くの人々の予想に反して九州・福岡に本拠地を構え、地元密着指向を貫き通し、また根本、王と地元を裏切らず骨を埋める素晴らしいリーダー達のおかげで九州で絶大な人気を得る球団になりました。

 ドラフト会議の様子を見ていても、九州の選手達の入団希望チームはまずホークスですからね。どれだけ九州地方でホークスが圧倒的な支持を受けているかがこのエピソードで分かります。選手達から見れば「え、九州にはホークスがあるんやから、わざわざ外に行かなくてもホークスに行きゃエエやんか。だってその方が九州じゃ人気者になれるやん。なんで東京行って巨人に入る必要があるの?」てなもんでしょう。

 わざわざ東京に行って、巨人に入って全国的に有名になって、高い報酬をもらって・・、なんて旧来の野球選手像を夢見るのではなく、地元の人気球団に選手達が目を向ける最初のきっかけを作ったのはきっとダイエーホークスでしょう。そこまで球団を作り上げたオーナー会社、フロント、そして監督と選手の努力は本当に素晴らしいと今でも敬意を感じますね。

 まあそういうストーリーもあってダイエーは大好きだったんです。残念ながらダイエーの経営が悪化するに伴って経営はソフトバンクに変わってしまいましたが、それでも基本姿勢はそれほど変わっていないように見えます。地域密着型のチーム運営は変わっていないと思いますし、相変わらず強いですし、素晴らしいチームです。

 確かに中日も正直強いです。落合監督の評価は人によって様々だと思いますし、彼のマスコミ対応にはちょっと「?」を感じることも多かったですが、しかし彼の采配が素晴らしかったことは紛れもない事実です。そしてそれが選手からの支持を得た上で成り立っていたことは、今シーズン途中で彼の解任が決まり、そのとたんに狂ったような強さでもって中日が逆転優勝を決めたことからよく分かるでしょう。落合監督の素晴らしさは、選手達自身が一番よく分かっていたのです。

 落合監督自身、その天才的なバットコントロールが凄かったので私は選手としては大好きでしたし、今年は落合監督に有終の美を飾らせてあげたかったとも思いますが、それでもやはりクライマックスシリーズが導入されてからホークスとホークスファンが味わった理不尽さと悔しさを思い返せば、今年はソフトバンクですかね。ようやくホークスの強さがタイトルとして残されることになったわけですものね。

 九州の人達もさぞ喜んでいることでしょう。地元では大ニュースになっているでしょうね。ええ、今回は心の底から喜んでお酒をたくさん飲んで騒いでください、九州の皆さん、ホークスファンの皆さん。本当によかったですね、おめでとうございます。

 この素晴らしいシリーズ中に水を差した巨人なんかクソ喰らえ!ナベツネもキヨタケもどっか行け!(笑)

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1108-fc3ef4f4

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード