税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > 税務署に対する情報提供  

税務署に対する情報提供

2011 - 11/16 [Wed] - 11:10

 書面添付の件で最近よく文句を言っていますが、そもそも税務署という役所は申告書を受け取って税金の納付を管理すると同時に、税務申告に関して不正行為を見つけて正すことが仕事なわけです。当然その過程においては様々な情報を収集して納税者の税務申告内容などが適正であるかどうかを判断する材料にするわけです。

 そのために申告書だけではなく様々な添付資料を納税者に提出させて、それらを突き合わせながら不正行為を見つけていくわけです。最近税務の世界で話題の書面添付制度にしても、税理士関与の納税者に関する税務について税理士からの詳細な報告を求める内容になっているわけです。で、それは当然税務調査に関する資料として取り扱われるわけです。

 でもね、私この仕事を始めてからずーっと思っていることなんですけど、そういった情報を集めるのは税務署の仕事だと思うんです。別に納税者も税理士も隠すつもりなんてサラサラありませんけど、納税者本人のみならずその取引先に関する取引に関する資料や情報を納税者や税理士が提出する必要なんて全くないと思っているんです。

 だって納税者の取引先がどんな税務行為を行っているかなんて知ったこっちゃありませんやんか。しかもその特定の取引先の税務調査のための情報として収集される資料せんを提出するなんて、それこそチクリ行為ですやんか、取引先の不利になるかも知れない情報を税務署に提出しているようなもんですやんか。

 ですから税務署から取引先に資料せん提出のお願いが送られてきてもここ数年は全く提出したことなんてありません。まあ、そもそもあの資料せんの提出率自体が相当低いこともあって提出しないわけですが、あの資料せんこそが税務調査のための基礎資料みたいなものですからね。納税者にも資料せん提出の意図をそのように説明すると「それやったら提出せぇへんわ」と全員おっしゃいます。

 なんでそんな資料を納税者側が提出する必要があるんでしょうか?そういう資料や情報が欲しければ税務署の職員がいろんな場所に足を運んで一生懸命調べればいいじゃないですか。それが税務署員の仕事でしょう?それを手を抜いて資料せんや添付書類で調査情報を納税者側に提出させるなんて手を抜き過ぎと違いますか?

 ・・と思うんですよね、私は。何度も言いますように私は別に左翼系の思想に毒された反国税思想バリバリのワケのわからん税理士ではないつもりです。税務署に対しては可能な限り協力してあげようと常日頃思っている税理士です。でも、そんな私でも納税者側の情報を何でもかんでも提出したり、税務署が本来行うべき仕事を楽させるためだけの資料提出なんかには反対なんですよね。

 だってそれが税務署さんの仕事ですもの。ご自分のお仕事はご自分でやってもらわないと。人員削減のあおりがあるからと言って、何でもかんでも税理士や納税者に仕事を振ってくるのは違うと思うんですよね。やっぱりどれだけ人が減ろうと、どれだけ時代が変わろうと、ご自分達がやらなければいけない大事な仕事はご自分達が努力してやってもらわないと。

 納税者・税理士が行うべきことは自主申告で適正な申告を行うことだと思っています。「自主申告で適正」ということは、自分達自身で法令などに照らして適正であると自分達が判断した結果作成した申告内容であるということです。納税者・税理士側が行うべきことはそれで完了していると私は思っています。

 ですからその書類を見て税務署が「おかしい」「もっと内容が知りたい」と思えば、その内容についてどのような判断を行ったのか納税者・税理士に問い合わせてくれればよいだけのことだと思うのです。それなのに自分の申告に関して何でもかんでも情報を紙に書いて税務署に提出するとか、取引先との取引内容を紙に書いて提出するとか、納税者や税理士がそんなことまでする必要は全くないと思うんですよね。だってそれは税務署さんが楽したいだけの話ですもの。

 知りたいのなら税務調査の際に訊いてくれればいいし、そうやって足運んでご自分達で興味ある点をご自分達自身でお調べになるのが税務署の仕事じゃないでしょうか?ですからその部分の人員については国税も削減することはできないし、またするべきではないと思いますねぇ。

 書面添付制度についても、そのような調査に役立つ情報提供をどうしても税理士に求めるのであれば、税理士を対する見返りがないとあきませんわ、絶対。だって税務署の省人化に協力するための情報提供を乗る気でない税理士に求めることですからねぇ。その見返りについては税理士・納税者側が納得できる内容を提示してくれないと到底やる必要はありませんわね、当然。

 ・・と私は思っているんですけどねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1099-7ee46fd8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード