税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> スポーツ > 巨人清武代表がナベツネを批判!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人清武代表がナベツネを批判!

2011 - 11/11 [Fri] - 18:54

 巨人の清武代表が来期の球団人事が渡辺会長の鶴の一声で覆ったことに関して、わざわざ記者会見を開いて「こんなんじゃ問題。渡辺商店になっては困る」と批判する異例の発言を行ったのだとか。

 まあ確かに困りますよね、代表をはじめとする裏方・事務方が一生懸命考えて手を回して準備をしていたのに、ナベツネの気に入らなければその内容が勝手に変えられてしまうんですからね。本当に渡辺恒雄という御仁は偉い方なんですねぇ(笑)。

 ナベツネの片腕のように動いてきた球団代表が一転してナベツネをここまで表立って批判するくらいですから、相当腹に据えかねることが裏であったんでしょうね。まあ、私はナベツネを個人的に知りませんし、彼の業績についても何も知らないのでテレビなどを通じて見る表面的な部分しか知りませんが、もうそろそろ表舞台から去っていいんじゃないですかね。

 今年のリーグ開催日程といい、統一球に対する批判といい、ドラフト制度に対する批判といい、ナベツネの発言は世間の感覚と完全にずれてますからね。きっと巨人が弱くなって、人気もなくなってきた大きな理由のひとつにナベツネの存在があるでしょうね。

 だって巨人軍を特に好きでもなんでもない人から見れば、ナベツネの様々な発言はただのボケジジイが不愉快な発言を行ってまわりにいる人間を怒らせているとしか思えませんからね。到底まともな判断ができる人間の発言には見えません。

 昔のナベツネを知る人の中には、彼のことをとても優秀な人間と評することがあります。それはもちろんそうでしょうし、様々な功績というものもあるのでしょうが、それは昔の話。今の状況を見ていると巨人にとっても野球界にとっても、もっと言えば政治においても老害でしかないでしょう。

 巨人ファンの方々だって最近のナベツネの言動はどうなんでしょうか?そりゃ江川がヘッドコーチになればテレビウケしますよね。私も巨人は好きでなくても江川は現役時代から大好きでしたからね。でも仮に江川がヘッドコーチになっても、面白く見ているのは最初の数試合だけでしょうね。結局は実績が伴ってこなければ江川だってすぐに批判の対象になるでしょう。

 清武代表が涙ながらに訴えたように、今の巨人はナベツネの私有物状態ですからね。昨今のプロ野球人気の低迷に少なからず影響を与えているのもナベツネの日ごろの言動と、それに連動している巨人というチームのあり方ですからね。

 ナベツネはもうボケて自分では進退の判断ができないでしょうから、今回のようなクーデターが身内から起きて差し違えて心中するしか引きずり下ろす方法はないんでしょうね。今回の会見を行った清武代表の真意は分かりませんけれども、「勇気ある行動」と讃えてくれる人達は巨人ファンも含めて多いでしょうね。

 とりあえず、何であれナベツネが野球界から消えてくれればそれでかなりの澱みがなくなっていくと思いますね。今回の事件が野球がまた見て楽しいスポーツに戻るよいきっかけになるのではないでしょうか。

追記:
 清武代表の批判に対してナベツネが反論をしたとのこと。まあ身内同士の言い争いですからどっちもどっちでしょうが、ナベツネは「清武が謝ってくるなら許したる。処分もしない。」と大物ぶりをアピールしています(笑)。「お前のほうから頭下げてくるんやったら、許したるわ」ということでしょうね。

 これで清武代表が謝らずに法廷に持ち込む勢いであれば世論の多くも味方するかもしれませんが、なんとなく清武代表が長いものに巻かれてナベツネに詫びを入れて元の鞘に収まることになりそうな臭いがします。

 そんなことになれば世間は「なんやねん、それは!」という感じでみんなコケてしまうと思いますが、巨人ならそうなりそう。なんか日本社会のいやらしさの縮図みたいなもんですねぇ。その理由のない曖昧すぎる理解不能な落しどころが巨人の人気低迷とプロ野球界への嫌気の原因なんですけどね。

 さあ、どう展開していくのかわかりませんが、もしかすると日本シリーズ開幕に合わせて出てきたこの話、単なる巨人という野球チームに世間の目を向けさせて江川助監督就任への話題づくりと日本シリーズへの注目をそらすためだけの一芝居だとしたら、本当に最悪な話。

 清武代表もナベツネも「コンプライアンス」だの「企業統治」だの難しい言葉を使って話を展開していますが、そんな一般的な話じゃなくって「俺はあいつのやっていることが気に入らない」とはっきり言えばいいじゃないですか。ほんとに回りくどいし、論法がズルくてせこい。清武代表が会見のときに読み上げた文章にしても、下らない言い回しばかりで、書いた奴のセンスが悪いこと、悪いこと。

 そもそも非上場会社の球団経営に「コンプライアンス」だの「企業統治」だのカンケーあるんですかね?巨人は儲かっているから関係ないんでしょうが、赤字を親会社が補填したら税金を優遇してもらっているような世間の常識とかけ離れた世界にあるプロ野球球団会社に、都合のよいときだけ世間の常識を持ち込んでほしくないですね。お前ら、世間と違う世界に暮らしている連中なんだから、最後までそれでやり通せよ。

 まあどのように話が展開していくにしろ、出来レースの芝居だったとしろ、巨人とプロ野球がさらにそっぽを向かれる大きな原因になりそうな気がしています。どうぞ勝手に内輪でやっててください、知らんわ(笑)。


関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1093-ba3fe9e2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。