税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > とってもドライな保険屋さん  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とってもドライな保険屋さん

2011 - 11/09 [Wed] - 01:07

 そういえば、最近めっきりとうちの事務所に顔を出さなくなった保険屋がいます。まあ正直言って個人的に保険屋さんはカネの亡者、というイメージを持っていますので、別に深い付き合いをしたいとは思っていませんが、それにしても相変わらずドライな連中だなという思いを捨てきれません。

 彼がうちの事務所に来なくなったのにはきっかけがあります。ある会社の決算を行っていく過程で2つほど保険の契約が成立したのです。この契約ができてからめっきりとうちの事務所に立ち寄らなくなりましたね(笑)。

 普通の我々の感覚で行けば、自分に保険の契約を仲介してくれた税理士なのですから、更なる契約案件を求めてそれまで以上に足繁く通うようになるのかと思いきや、彼は違いましたね。逆に全く立ち寄らなくなりました。本当にただの一度も。

 きっとそれはこういうことでしょうね。私の事務所のお客から取ろうと思っていた保険契約の自己目標設定件数は既に達成してしまった、と。もうノルマは達成したのだから私には用はない、と。自分がやるべきことは、新たなネタを持ってそうな会社や税理士事務所を開拓することであって、既に契約を取ることができたうちの事務所を訪問して契約ネタを探すことではない、と。

 私はそう思っています。だって普通ならば2件一度に保険契約を結ばせてくれれば「他にも同じような案件ないですか?もっと私を儲けさせて下さいよ。」ってなもんですり寄ってきそうな感じがするもんですが、全く違いましたからね。彼は耕して実がなるまでは本当に一生懸命世話をしていましたが、実がなって収穫したとたんにその畑は放置させて次の土地へ行く主義のようです。或いは表現は悪いですがいわゆる「乗り逃げ」と一緒ですわね(笑)。「今までのマメさはどこへ行ったの?」という感じ。

 釣った魚にエサはやらない、を地で行くところですね。実のところ、そのあまりのドライさに少し呆れていますが、まあそんなもんじゃないでしょうか。私は私で、以前彼から受けたプレゼントがあってそのお返しをしておかないと気持ち悪くて仕方なかったので、保険契約を取らせてあげることができてようやく借りが返せた気分でしたからね。

 まあ私の事務所ごときに手を掛けてられない、俺様はもっと儲かる連中を相手にするわ、というのが本心なのでしょう。事実うちにかかわってたって大した契約はあげられないでしょうからその通りなのですが、ここまであからさまだと「やっぱり保険屋はな・・」と思ってしまいますね、正直。

 彼は多少違う男かと思っていましたが、やっぱりでした。ま、そんなもんでしょうね。私は保険屋さんを全然と言ってよいほど信用していませんのでね。彼らは本当に自分の利益しか考えていませんからね、だからイヤなんです。

 世の中には保険屋さんの片棒を担いで自分も一儲けしてやろうという色気いっぱいの税理士さんがいますが、私はそんなことやりたかぁないですね。保険屋も、保険の契約が欲しけりゃ、自分で会社行ったり、自宅を訪問してやれよ、ってなもんです。税理士を都合よく使うんじゃねぇよ、と言いたいですね。

 でもね、税理士会(協同組合)は保険屋さんとベッタリですもんね。まあ両者連んでよく儲けているようで・・。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1089-bd2f7990

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。