税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポーツ > ソフトバンクVS中日 日本シリーズ  

ソフトバンクVS中日 日本シリーズ

2011 - 11/07 [Mon] - 00:56

 プロ野球はひとまずパリーグはソフトバンク、セリーグは中日がリーグ優勝を果たしましたね。順当な結果でよかったと思います。特にソフトバンクはクライマックスシリーズが導入されてからレギュラーシーズン一位通過にもかかわらず一度も日本シリーズに行けなかったという悪夢をようやく晴らすことができました。

 本当にソフトバンクにとっては圧倒的にリーグ1位だった年もなぜかクライマックスでは勝つことができず、本当に気の毒でしたからね。こんな結果に終わるのだったら、長い1年間のレギュラーシーズンなんかあってもなくても一緒やんか、と思ったものです。ソフトバンク(ダイエー)は結構好きなチームでしたんでね。

 だから今回も実はクライマックスで王手をかけてもあんまり浮かれて見てなかったんです。喜んであげるのは実際に日本シリーズ進出を決めてからでいいんじゃないかと。何しろ今までのことがありましたからね(笑)。でも決めてよかったです。秋山監督も現役時代から好きな選手だったのでよかったです。

 中日は、まあ順当ですよね。落合監督、これで最後だそうですが、勝つための野球を行うことができるアイデアと決断を持ったプロの監督ですね。ファンが見ていて面白いかどうか、監督を好きかどうかは別として、勝つためのノウハウを持っている監督であることは間違いありません。

 ただクライマックスの観客の入りを見ていても、地元名古屋で試合を行っているのに3塁側のベンチ裏あたりに空席があるわけですから、確かに地元のファンも落合監督の野球を面白くないと思っている人が多いことの証なんでしょうね。これだけ中日を常勝チームに仕立て上げたのは、紛れもなく落合監督の手腕なんですけどね。

 負けると文句を言うクセに、じゃあ勝てばいいのかといえば、ただ勝つだけでも面白くないと言う、ファンというのは実に無い物ねだりなものですね(笑)。まあ、落合がファンのため、或いはファンから見て「面白い」「楽しい」「カッコいい」と思われる野球、サービスを行おうとしなかったところがそっぽを向かれた原因でしょうね。

 このあたりは昔のイチローや中田ヒデに通じるものがありますよね。「いいプレーだけして勝ちゃいいじゃねえの?」という態度をあからさまにされると、「それはプロとしてちょっと違うんじゃないの?」という気になるんですよね。プロはファンあってのプロ、当然一流選手、監督にはアマチュアとは違うプロならではの振る舞いがファンからは期待されますからね。

 落合監督は、そこに問題があったんでしょうね。特に落合は昔からファンやマスコミをバカにしたような物言いをしますからね。まあでも今までいっぱい稼いだし、監督としての手腕も分かる人には十分分かってもらえるわけですからある意味本人は満足なんじゃないでしょうか。「自分の手腕を理解してくれない球団やファンのほうがアホや」と思っているでしょうね、きっと(笑)。

 さていよいよレギュラーシーズン1位同士の、真っ当な日本シリーズが始まるわけです(笑)。九州の雄、ソフトバンクと落合率いる中日、どちらが勝つでしょうか。最後に優勝して監督への恩返しがしたい中日の選手達も相当な気合いの入りようですし、ソフトバンクも呪縛から解かれて本来の力と勢いを発揮しそうな感じ。どちらも相当やってくれそうです。

 昔みたいに野球の試合をテレビで見たり、結果をニュースで一生懸命見るようなことはしませんが、好きなスポーツではあるので興味は持っています。両チームとも頑張ってリーグチャンピオンにふさわしいいい戦いを見せて欲しいものですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1085-f4577612

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード