税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > 税理士の先生って偉いんですか?  

税理士の先生って偉いんですか?

2011 - 10/14 [Fri] - 00:02

 今日のアクセスワードを見ていると「税理士の先生って偉いんですか?」というものが(笑)。

 これは笑っていいところなのか、それともイヤミで書かれているのか、それとも単純な質問と捉えるべきか、なかなか判断に迷うところですが私ながらの見解を。たぶん世の中には自分のことを偉いと思っている税理士はたくさんいるでしょう。きっと8割、いえ9割5分ぐらいはそうかな(笑)。残りの5分か1割くらいがそれほど自分は偉いと思っていない人達でしょうね。

 なんで自分で偉いと思っているかという理由は、まあそこそこ難しいと言われている試験に合格して資格を取ったという自負と、それとそこそこ稼いでいるからでしょうね。やっぱり人間誰しも稼げるようになってくると自分のことを他人より偉いと思うものです。それはしょうがないでしょうね。私だって稼げるようになれば偉いと勘違いするかも知れません(笑)。

 まあただ同業者という立場から見ると、確かに偉そうにしておられる方はたくさんいるんですが、別にたいしたことない人達が多いです。もちろん私自身も大したことはないんですが・・(笑)。結構税法についても稼いでいる人ほど知りませんしね。なぜなら稼いでいる税理士さんは自分で実務をやりませんから。事務員や補助税理士にやらせますから自分は実務に疎くなっちゃうんです。

 まあ「税理士が偉い」というのは「そこそこの規模の経営者が偉い」と思っているのと同じことでしょう。理由は経済的に豊かだから、ということでしょうね。まあやはり資本主義社会においては自力で稼ぐ能力がある人というのは人より優れている、という評価を得やすいですし、自分でもそう思いやすいですからね。

 そういうことではないでしょうか。ただ他人から見て「税理士って偉い人なんやなぁ」と思われるのは、それはただ単に人間性の問題でしょうね(笑)。何しろ世間知らずが多いですからね。金持ちのボンボンがエラソーに振る舞ってみんなに嫌われるのと一緒。そうだとしたら税理士はもう少し謙虚に世の中の事を知る必要があるかも知れませんね。

 でも所詮一匹狼の世界で生きている人達ですから、それは期待しても無理でしょうし、直らないでしょう(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1059-50037e38

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード