税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 東電の賠償額が3-4兆円、電気料金値上げの必要も  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電の賠償額が3-4兆円、電気料金値上げの必要も

2011 - 09/27 [Tue] - 23:31

 東電の賠償額が3-4兆円かかると第三者委員会が見積もったと報道がありました。あわせて原発が止まったままなら電気料金の値上げをしなければ東電が資金不足になるとも言っているようです。

 でも、だからどうだって言うのでしょうか?値上げをすることで賠償金を支払うって、おかしくないですか?先日も政府が肝炎被害者の賠償金を支払うために増税する、という話がありましたが、料金や税金で賠償金を払うって、結局東電や政府が賠償金を払っているんじゃなくて、利用者や納税者が自分で自分に賠償金を払っているようなもんじゃないでしょうか?

 だから東電が賠償金を払うために電気料金の値上げをするのって、どうしても私には理解できないんですよね。電気料金の値上げをする前に世間や被害者に対して東電自身が血を流すほどの努力をまず行う必要があるんじゃないでしょうか?その上で賠償金が払えないのなら、料金を上げて賠償金を支払うのではなく、東電が潰れるのが筋ではないでしょうか?それが東電に与えられた天からの「罰」じゃないですか。

 でも巨大なインフラ企業で、もし東電が潰れると関東地方の電力事情が異常に不安定になることが予想されるので、何が何でも潰さないんでしょうね。それに潰れてしまえば賠償金を支払う債務まで消えてしまう可能性が高いですから、電気料金値上げによってみんなで少しずつでも負担しあったほうが長い目で見てトク、という話なんでしょうね。

 でも結局それだと東電のぬるま湯体質はいつまで経ったって変わらないと思うんですよね。もし賠償金支払いのために顧客に対して値上げをお願いするのであれば、その前にまず現経営陣に全員即時退任してもらい、彼らや原発運営について誤った判断を行っていた過去の経営者全てに対して対して株主が集団で株主代表訴訟を起こし、そこで得た賠償金を原発事故の賠償金に充てて欲しいですね。そして当然社員も給与一律カットを行って年間数十億円程度を賠償金に差し出すべきです。

 料金値上げの前に、責任者に対する信賞必罰が先です。それをしないで料金値上げなんて順番が明らかに違います。利用者が泣く前にまず東電がもうこれ以上できないと涙を流して許しを乞うくらいまで身を切って血を流すのが先じゃないでしょうか?

 その過程で東電が潰れてしまったら、仕方ないじゃないですか。まあ悪知恵が働く連中なら潰した方が賠償責任から逃れられると考えるかも知れませんが・・。いずれにしても逃げ得は可能な限り許さない姿勢で厳しく今後の東電の経営を世間が監視する必要があるのではないでしょうか。

 それに今止まっている原発を動かしたらいいんじゃないでしょうか?ダメですかね?こんな事故があった後ですから世間が過剰反応を示すことはよく分かりますが、しかしそれこそ当面の状況打開を図っていくためには安全を十分に確認しながら原発を再稼働させるのが最もコストがかからない方法なのではないでしょうか?

 そうやって当面の間安全に一定の電力を安定供給させておいて、その過程で代替策に置き換えていけばよいのではないでしょうか。世間が感情的になることは分からないでもないですが、ただ闇雲に原発反対を唱えるだけでは意味がないし、結局冒頭のように我々自身が賠償の痛み分けをしなければならないなどという最も理不尽な結果になりかねません。

 ここはひとつ冷静な頭でもってどう問題解決を進めていくのが最も多くの人を納得させるやり方なのか、今一度考えてみてはどうかと思います。感情的になって最終的に東電を利することになるなんて、結局不安に駆られて踊らされた利用者がバカを見るだけの結果になるだけですからね。それだけはなんとしても避けなければなりません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1044-4a0de2c2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。