税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 芸能・テレビ関係 > TOKIO山口君のお辞儀  

TOKIO山口君のお辞儀

2011 - 09/10 [Sat] - 02:05

 皆さんはお辞儀をするときどのような姿勢で行いますか。普通私たちがお辞儀の仕方として礼儀正しいと教わっているのは、「手を体の横につけて、足は膝を伸ばして揃え、上半身はなるべくまっすぐにして」お辞儀するやり方だと思います。そして過度に頭を下げすぎないのが品のあるお辞儀と言われています。

 でも時々違うやり方でお辞儀をする人を見かけますよね。「足は開いて膝を軽く曲げ、手のひらを膝か太ももに置いて上半身を丸くかがめて」お辞儀する人。昔ながらのお商売人にこうやってお辞儀をする人がいますが、多くは堅気ではない人、すなわちヤクザ衆がよくするお辞儀のやり方です。以前は時代劇でも堅気でない連中のお辞儀としてよく描かれていましたね。

 私が仕事でかかわった方たちの中にも一人だけおられました。そこそこ売上のある会社の社長でしたが、会社から私を送り出してくださるときにこのヤクザ風のお辞儀をされたので、最初にその様子を見たときは少しギョッとしたものです。何度か見ていると慣れますが、それでも初めて見たときは「この人、その筋の人かな?」と心配したものです。

 で、このお辞儀をした人を最近もう一人見かけました。それはTOKIOの山口君。ご存じの方が多いように、彼、自動車免許の期限が切れているのを知らずに車を運転して無免許運転で切符切られた件がありました。その件に関して報道陣の前で謝罪会見をした際に、長い間この「ヤクザお辞儀」で頭を下げていた場面をテレビで見ました。

 うーん、芸能人だから社会常識をあまり知らなくても仕方がないとはいえ、自分の犯した罪に関する謝罪会見であのお辞儀のやり方で頭を下げるとは・・。マナーにうるさい人ならバカにされているような気になるかも知れませんね。

 でも私自身は別に山口君の免許の期限が切れて無免許になっていたことを知らなかったということに理解は示しています。それは誰にでも起こりうることだと思いますし、ましてやあれだけ多忙な山口君のこと、うっかりと免許の更新期限を勘違いしていたことくらいあっても全然おかしくないと思います。

 ですから免許の期限が過ぎていたこと自体はどうこう言うつもりは全くないのですが、奇妙だったのはあのお辞儀の仕方。あの場面でああいうお辞儀をするということは、本人の意識の中ではあのお辞儀のやり方が「最上級の誠意を示すやり方」だと思っていたからなんでしょうね。

 もしかすると芸能界ではそれが常識なのかな?それとも山口君だけ?それともやっぱり芸能人はヤクザさんといろんな場面で絡むことが多いから、ああいうお辞儀が正しくて誠意を見せるやり方だと思っている人が多いのでしょうか?

 どーでもいいといえば、どーでもいいことなんですが、テレビで有名な芸能人がヤクザお辞儀をして謝罪していたものですからちょっと私が違和感を感じてしまったという話でした。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1031-cbc40ec3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード