税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 今年は水難の年  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は水難の年

2011 - 08/30 [Tue] - 22:19

 今日もニュースで静岡県の太平洋で行方不明者死亡の話をやっていました。でも今年ははっきり言って「水」に関する事故が多すぎます。たぶん今年は「水難の年」なんでしょうね。

 春先の津波による犠牲の大きさは言うに及ばず、天竜川での川下船の転覆、ゲリラ豪雨、海難事故、と例年以上に「水」の事故による犠牲者が多い気がします。それも普通ではありえないような事故ばかり起きている気がします。

 ですから皆さんも今年は「水難の年」であることをよく心に留めておいて、できるだけ川や海に入るようにするのは控えておいてはいかがでしょうかね。「そんなバカな迷信クサいこと言うな。頭おかしいんじゃない?」っておっしゃる方も大勢いらっしゃると思いますけど、世の中って案外そんなもんなんですよ。

 昔からお盆を過ぎたら川や海に入るなって言うじゃないですか。「お盆を過ぎて水に入ったら霊に足を引っ張られて溺れる」と言われますが、私はそう言う意味でお盆過ぎに海水浴や川での水遊びなどをしたことは子供の頃からありません(笑)。

 特に今年は津波で犠牲になった方が多かったので、その方々が寂しがって海や川で足を引っ張っている、だから今年は水の事故がいつもより多いんだ、とは言いません。でも一昔前なら多くの人がそういって盆過ぎに水に入ることを避けてたでしょうね。

 もちろんこんな話は迷信です。迷信ですけれども、それなりに合理的な理由があることも皆さんご存じだと思います。お盆を過ぎると海ではクラゲがたくさんでてくるので危険、場所によって水温が急激に変化する恐れもあって体に異変を生じやすい、台風などの影響で波や海流の変化が危険、等々。

 今日の事故のニュースだって、なんでこんな台風接近で波が高くて海流がおかしくなっているところに海に入っちゃったんでしょう。お盆過ぎなのに。昔から「やっちゃいけない」って言われていることはやっぱりしない方がイイですって。

 確かに世の中には何の根拠もない迷信もありますけど、時々意味のある迷信、言い伝えってあるんです。春の津波の時だってみんなあとになってから「そう言えば『ここから下に家を建てるな』とか『波が来たときはこっちに逃げろ』という言い伝えや石碑が立ってたなぁ。」と思い出したじゃないですか。

 昔の人はいろんな経験から危険を回避するための知恵を後世に迷信や言い伝えで伝えているんですよ。それをあんまりバカにしちゃダメです。だから昔の人がやっちゃダメ、って言っていることはやっぱりやらないほうが無難。

 特に今年はどう考えても水難の年。きっと今年はそういう巡り合わせなんですから、海や川にはできるだけ近づかないようにした方が私はイイと思いますねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/1021-71e9b067

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。