税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 2013年06月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士が弁理士法違反で逮捕。

2013 - 06/21 [Fri] - 17:17

 ニュースを聞いていますと、なんでも弁理士の資格のない行政書士の男(70歳代)が特許や商標登録の申請を行って報酬を得ていたことがわかり、逮捕されたのだとか。

 この男、凄いです。元々50年以上特許関係を専門に扱う弁護士事務所に勤めていて、平成17年に弁護士が死んだ後もそのまま特許関連の仕事を続けていたのだとか。「生活を守りたかった」と理由を言っているようですが、その弁護士の死後得た報酬額は3億円(!)だとか。1年あたり3,750万円の売上か。凄いな、それは。

続きを読む »
スポンサーサイト

役員報酬の損金算入拡大

2013 - 06/20 [Thu] - 00:10

 今日の朝刊の記事に、経産省からの要望として、役員報酬の損金算入拡大を税制改正で要求していることがでていました。これ、私が税理士になった頃からずーっと疑問に思っていたことの解決策になるかも知れませんね。

 記事によれば、利益に連動した報酬なども損金算入可能にする要望のようで、経産省の要望の大義名分としては「利益連動による報酬を税務上も損金算入可能とすることで、経営者のやる気を引出したい」ということのよう。よその国の税法はどうなっているのか知りませんけど、役員に対する成功報酬(決算賞与)が損金に落ちないなんて、どう考えたってヘンな話ですからね。特に会社法制定以降は。

続きを読む »

英国の法人税減税

2013 - 06/18 [Tue] - 11:35

 今日の新聞に書いてあった税務関連記事から二つほど。

 一つは英国の法人税率を引き下げるという記事。しかし、これによって日本企業が影響を受けることもあるとの懸念が広がっているようで、その理由は「タックスヘイブン税政」。いわゆる低課税国に関連会社があるような場合に、英国での法人税が低すぎるので、日本でも法人税を一部支払ってもらいましょう、という制度に引っかかるというわけです。

 それもこれも、その理由は英国が法人税率を現行の23%から20%に引き下げるからだそうで、それがいわゆる「トリガー税率」に抵触するからだそう。そのせいで、場合によっては現在よりも増税になってしまう日本企業もでる可能性があるのだとか。

続きを読む »

バドワイザーとよなよなエール

2013 - 06/14 [Fri] - 23:53

 今日は夜中にライフというスーパーにお買いもの。目的はビールとコンタクトの洗浄液。コンタクトの洗浄液は,既に薬局営業が終わっていたのであえなく断念。なんでコンタクトの洗浄液ごときの販売に薬剤師の立ち合いが必要なのか、さっぱり理解できませんね。こんな目的不明な薬品の販売実態を見ていると、ネットでの薬品販売を基本的に自由化しようとする政府の方向性は正しいですね。なんでもかんでも薬剤師の既得権益を保護しすぎですよ。

 ほんで、笑えるのが、仕方ないのでドン・キホーテに行くと、薬剤師がまだお店にいたので、コンタクトの洗浄液をその薬剤師のところへ持っていくと「薬局売り場でも普通のレジでもいいですよ」だって(笑)。店によっても販売体制がメチャクチャですわ。ホントこんな規制はクソです。すぐに取っ払うべきですね。あ、話が全然違う、ビールの話でしたね、今回は(笑)。

続きを読む »

ペーパーレス事務所化

2013 - 06/14 [Fri] - 00:16

 今日届いた近畿税理士界を読んでいますと、税理士事務所におけるペーパーレス化のコラムがありました。そのコラムの著者のペーパーレスの方法は、入口でペーパーレスにする方法、すなわち「最初から紙で保存しない」という方法を実践されているのだそう。

 確かにそれが理想だと思うのですが、現実問題として、この著者も指摘しているように、すべての紙をなくしてしまうと決算作業などを行う際に何かと作業効率が落ちることにつながるのです。ですから、私はそこまで徹底したペーパーレスは行っておらず、私の場合はどちらかと言いますと「出口」でのペーパーレス化を図っています。

続きを読む »

理想的な税理士事務所

2013 - 06/12 [Wed] - 23:47

 私にも「こんな税理士事務所を作ってみたい」という理想のようなものはありまして、早くその理想を現実の物にするべく日々働いております(笑)。

 どんな組織がよいか、そりゃ、デカけりゃデカいほうがイイと思っていますが、そこは私の経営者としての器がそこまであるかどうかが問題です(笑)。あまり自分を買いかぶるのもなんなので、最初は10人くらいの組織をなんとかしていきたいですね。それでも運営できれば立派なものですが、夢としては100人くらいの所帯を構えたいですねぇ。

続きを読む »

北風と太陽

2013 - 06/12 [Wed] - 11:19

 「北風と太陽」って、イソップか何かの寓話でしたっけ・・。内容は皆さんご存じですよね。よく国際社会、例えば北朝鮮政策についても、この「北風と太陽」が引き合いに出されますし、いろいろな場面における交渉ごとなどでこの寓話が持ち出されますよね。

 私は、よほど相手に悪意がある場合や相手が無自覚であるを除き、基本的には「太陽政策」ですね。その理由は、世の中誰だって他人と仲良くやりたいと思っているし、何をやる場合にもできる限り心地よくいたいと思っているはずだと思うからです。だから、怒鳴り散らして相手を不愉快な気分にさせるより、できる限り心地よい関係を保って、気持ちよく相手に動いてもらうほうを選択します。

続きを読む »

ううむ・・、もっと旨いビールを作れないのか・・。

2013 - 06/11 [Tue] - 00:00

 ビールがおいしい季節になってきました。私のフェイバリット・ドリンクですので、ビールがおいしく飲める季節、大歓迎です(笑)。

 しかし、最近ベルギービールとか、地ビールとかを飲む機会が増えてきたので、それらと一般的に日本で売られているビールの味を比べてみますと、もちろんポピュラーなビールも不味いわけではないのですが、もうちょっと個性的、といいますか、飲みやすくて味わいのおいしいビールを作る事ってできないもんでしょうかねぇ?

続きを読む »

甘っちょろい

2013 - 06/09 [Sun] - 00:56

 一人で事業を興して成功しようとするなら、基本的には「個人的な事情」というものはすべて捨て去る覚悟が要ります。たぶん、そのことがわかっていない経営者が世の中にはたくさんいるんだろうと思います。

 中には「社長、事業主になったのだから、自分のやりたい放題、ワガママ放題に事業を行えばいい。誰かに迷惑を掛けることになったとしても、それはしかたがない。それも社長だからこそ許される特権」と思っている人もいるかもしれません。でも、バッサリと言ってしまえば「そんな甘っちょろい考えだから、いつまで経っても成功しないんだ!」ということになります。

続きを読む »

グーグルドライブ、クソだな。

2013 - 06/09 [Sun] - 00:26

 昨年からグーグルドライブを業務用として複数の関与先、事務所内とのデータ共有に使ってきましたが、こりゃ仕事で使っちゃダメなサービスだな。ようやくわかりましたよ。もう「クソ」と言ってもよいほど、仕事じゃ使えないサービスです。

 このサービスは画期的なんですよ、と言うか、アップルなど他にも同じようなクラウドサービスはありますけど、クラウドサーバーに最新のデータを保管することによって、手元機器に保存されているデータを最新のものに同期しよう、というサービスなんです。だから関与先と会計データを共有する際にも、事務所・関与先のいずれがデータ内容を修正・入力しようとも、常に手元のデータは最新のものになっている、というワケなんです。

続きを読む »

法人税率ランキング

2013 - 06/08 [Sat] - 22:23

 ネットを見ていますと、世界各国の法人税率ランキングなる一覧表がありました。

 世界の法人税(法定実効税率)ランキング

 これによりますと、法人税負担率トップはアメリカ。上の方を見ないで「日本はどこだ~?あれ、ないなぁ」なんて思って見直してみますと、なんと2位(笑)。そりゃ法人税負担が高いと批判されるわけだ。

続きを読む »

橋下氏の論法

2013 - 06/08 [Sat] - 13:00

 つい先日も、橋下大阪市長が八尾空港で米軍オスプレイの飛行訓練受入を安倍総理に申し入れた、というニュースが流れていました。本人は「参議院選挙対策ではない。ずっと前から検討していたこと」と言いますが、政治家の発言はすべてが選挙対策ですから、選挙を意識した発言であることは疑いのないところです。

 今回の発言を見ていても思うのですが、橋下さんの論法、というか、選挙戦略というもののパターンがこれでだいたいわかりましたね。その戦法は「世間の注目を集めるビックリするような提案や提言をぶち上げ、それに反対する勢力を『既得権益にしがみつく連中』『改革に対する反対勢力』と批判することで、自分に票を集める」というもの。

続きを読む »

税理士の広告や報酬

2013 - 06/04 [Tue] - 13:40

 ネットの広告などを見ていても「元国税調査官が教える・・」なんて広告、よく見かけますよね?でも税理士会の綱紀基準によれば、こういう広告のやり方ダメですよねぇ。でも実際にはみんな「安い」「絶対」「元税務署長」「元国税調査官」「節税」なんて言葉でバンバン広告打ってますよね。

 ま、個人的にはこんな広告規制なんて撤廃すればいいんじゃないかと思っています。やりたい人はいくらでもやればいいし、やりたくない人はやらなきゃいいだけのこと。ただ、規制する意図の裏には「『元税務署長』なんて広告が打てる人には、どうしても相談者が集まりがちだから、そういう『ウリ』のない税理士達が商売で負けないように配慮しよう」というのがあるんだと思います。

続きを読む »

公認不動産コンサルティングマスター相続対策専門士?

2013 - 06/04 [Tue] - 12:24

 ふとネットで相続税に関すると思われる記事があったので、見てみました。

 妻には相続上の「特権」があるってホント?

 この記事を見ていますと、税務に関するアドバイザーとして見たこともない資格が。公認不動産コンサルティングマスター相続対策専門士?なんじゃ、そりゃ?私も税務の世界に暮らし始めてだいぶ時間が経ちましたけど、そんな資格見たことも聞いたこともないぞ?

続きを読む »

年金は68歳から支給

2013 - 06/04 [Tue] - 00:25

 今日のニュースにありましたね、年金支給開始を68歳に遅らせるという提言が。

支給年齢引き上げ、早期検討を=公的年金制度を議論―国民会議

 いつかこういう話が出てくるとは思っていましたが、想像以上に早かったですね。65歳定年延長がついこの間義務化されたと思ったら、早速に年金支給開始の引き下げ提言。結局これ、団塊の世代が年金受給年齢になると逃げ水のように制度先送りをどんどん導入しようとします。

続きを読む »

タブレット、だいぶ慣れました

2013 - 06/02 [Sun] - 13:54

 グーグルのnexus7を買ってから、さあ数カ月が経過したでしょうか。できるだけ積極的に利用するように頑張っていた成果もあるのだと思いますが、ずいぶんと慣れました。今もこうやってブログを書いているのは、タブレットです。

 もちろん、私はバソコンのほうが今でもはるかに便利だと思っています。特にこうやって文章の入力を行う場合の早さはキーボードにはかないません。でも、それだって、思い起こしてみれば、キーボードだって早く入力できるようになるまで結構な時間を要したはずですから、タブレットだって、慣れればものすごいスピードで入力できるようになるかもしれません。

続きを読む »

馬券課税の話で、疑問

2013 - 06/02 [Sun] - 12:18

 先日地裁判決のあった馬券課税の判決についてですが、少し疑問があるんですよねぇ。まず、百歩譲ってその馬券購入行為が、通常の趣味でやっている範囲を超えて、投資レベルだったので外れ馬券の経費参入を認めるとしましょう。

 そこで不思議に思ったのは、なぜ「事業所得」ではなく「雑所得」で争ったのか?という点。だって、実際の話として本業のサラリーマンとしての収入よりはるかに多い収入を得ていたわけですから、雑所得というより、事業所得のほうが適切じゃないですかねぇ?

続きを読む »

続けることが大切、か。確かに。

2013 - 06/02 [Sun] - 00:18

 先日何かのテレビを見ている時に、郷ひろみの写真集の発売記念イベントの様子が放送されていました。そこで、郷ひろみが自分の上腕の筋肉(力こぶが出る部分ね)を自画自賛していました。

 で、記者から「どうしてそれだけの肉体を維持できるんですか?」と尋ねられた郷が答えたセリフが「そりゃあ、続けることですよ。自分が理想とする体型を手に入れようとしたら、毎日努力し続けることしかないです」といった内容だったんです。

続きを読む »

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。