税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 2006年08月  

「病気にならない生き方」という本

2006 - 08/18 [Fri] - 08:10

 「病気にならない生き方 ミラクルエンザイムが寿命を決める」という本がありますね。ベストセラーになっているようで、健康について大変興味を持っている私も発売直後くらいに本屋に駆け込みました。

 といっても世の中のベストセラー本も玉石混合で中にはどうしようもない本があるので、私は本を買う際には必ず中身を読んでから買うことにしています。で、この話題の本も買う前にまず立ち読みをしましたが、結局買わずに帰ってきました。その最大の理由は、この本のタイトルにある「ミラクルエンザイム」の正体が何なのかさっぱり分からなかったことと、筆者自身が考え出したという「ミラクルエンザイム」という単語を一生懸命広めようという意図があからさまだったこと、そして悪い食生活などに関する筆者の私見をつらつらと書いてあるだけで「それじゃ具体的に何をしたら健康に長生きできるの?」という点にどこまで行っても書いていない、ということですね。

 確かに面白い意見も書いてありました。例えば「ガンは体中の至る所で同時多発的に発生している。だから転移したように見えるガンも実は転移ではなく最初からその場所で成長していただけに過ぎない」という下り。母がガンで闘病していることもあって、それを読んだときには「なるほど」と思いました。しかし最近王監督の主治医や母の主治医などの話を聞いていても思いましたが、残念ながら今の(多分将来も)医学界でこの筆者の意見を支持する専門家は一人もいないでしょう。

 つまりガンはやはり転移するのです。それも水いぼのようにガンの汁が他の部位に触れただけで転移するという考えが実際に手術を行っている先端の医者の常識なのです。実際に内臓のガンを処置する「腕がよい」とされている医師たちはこの考えに従って手術しているのです。

 その他にも今巷で論議を巻き起こしているような牛乳をはじめとする乳製品への批判。そして私は全く理解できませんでしたがミラクルエンザイムなるものの存在など非常に独創的でユニークな意見が展開されます。この先生曰く、乳製品を摂っている人の腸は例外なく汚いのだそうだ。しかも牛乳を仔牛に与えると死んでしまうそうです(確かこの点についてはこの先生も伝聞である表現でした)。確かに仔牛は人間が飲むように成分調整された牛乳は飲まないでしょうが、ホントに死ぬんでしょうか?きちんと検証したんでしょうか?このあたりからかなり胡散臭くなってきていますね。

 先生によればヨーグルトなど体に悪い食べ物の最たるものだそうです。肉も食べない方がいいとか。でもね、実際私もヨーグルト好きなんですが、食べれば確実に胃腸の調子は良くなりますよ。日野原先生も必ずお肉はしっかり摂って90何歳でもお元気です。これらは単なるまやかしなんでしょうかねぇ。とにかくこの本に書いてあることって、ある意味常識を疑え!的な意見が多く刺激的な意見ではあるんですが、なんか先生の妄想に近い個人的思いこみが並び立てられているだけではないか、という気がしてしまったんですよね。

 大体日本人とアメリカ人のどちらが長生きしてますか?日本人でしょう?数十年前くらいの平均的な日本人の生活をしていれば、あるいは今80才くらいの人たちが若かった頃の食生活や生活習慣を真似ていけば、日本人なら世界一長生きできるんじゃないんじゃないんですか?よその国のお医者さん、それも一部を除きレベルの決して高くない医療状況にあるアメリカ(参考:外務省 在外公館医務官情報http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html)にいる医師のプチ自慢入りの話しを聞くよりも、平均寿命世界一を支えている日本の医療の方がずっと日本人にとって信頼がおけるように思うのは私だけでしょうか。

 そもそも本のタイトルにあるミラクルエンザイムって何?って感じなんですよね。それを増やせと書いてあるんですが、何をどうやって増やすのか具体的に書いてないのに増やしようが無いじゃない、って感じですね。ミラクルエンザイムって言葉を流行らせたいんでしょうが、こんな何が言いたいのかわかんない本じゃあなぁ、って感じが強いですね。

 ということで読んだ感想は、「嘘くさ、胡散くさ」。砂漠の砂が水を吸収するがごとく他人の珍しい意見を吸収することができる人には面白い本だと思うのですが、この本に書いてあることって「思いっきりテレビ」で毎日言ってる無責任な健康術と同じ臭いがするんです。ということで私のような天の邪鬼には到底受け入れられることができず、当然に却下されてしまいました。

 新聞広告などを読んでいると結構面白そうな掴みがあって興味は大いにそそられたのですが、実際に内容を目にすると残念な本でしたね。まあでもベストセラーには違いないですね、嘘かホントかも含めて大変面白い内容ですからね。

亀田興毅がチャンピオン

2006 - 08/06 [Sun] - 12:39

 先日亀田興毅がチャンピオンになりました。実は私は昔からボクシングが大好きでよく見ているのですが、今回の結果はどうなんでしょうね。皆さんの批判の多さを見れば亀田にチャンピオンになる資格があるかどうかは明らかではないかと思います。

 判定には色々なやり方がありますし、地元選手が判定で有利になるのも今までもよくあったことですから別に亀田がチャンピオンになったこと自体はこんなもんだろうと思います。何しろ大放送局や有名ボクシングジム、はたまた巨額のお金に絡んだ興行主やアンダーグラウンドな人たちも亀田に取り巻いているのですからKO負け以外であれば亀田がチャンピオンになるというシナリオがあったのは当然でしょう。それにそれまでのくだらない数々の試合の茶番を見ていると、タイトル戦も3回くらいのKO勝ちが仕組まれているだろうと思っていました。相手も巨額の「演出料」がもらえれば試合結果には文句を言わないはずですし、リングサイドに大物暴力団幹部が複数いた事実から見ればそれくらい当然仕組んであったでしょう。

 正直に言わせてもらえれば、マスコミに取り上げられた頃から私は亀田一家が大嫌いでした。強いか弱いのか分からないのに単なる話題集めでマスコミに登場し、口だけは達者な面白がられる取り上げられ方は好きでありませんでした。それはまるで一昔前の辰吉丈一郎と同じマスコミの盛り上げ方で、実力よりも話題性や過激な発言を放置させてそれを面白がって取り上げるのは嫌いでした。

 今回の仕組まれた試合を見るのは不愉快なので、試合はテレビで見ませんでした。しかしもう終わっているはずだと思って結果の確認だけにチャンネルを変えたところ、まだ試合をしているじゃないですか。しかも10ラウンド。それを見て「ああ、試合は買収されてもボクシング自体はマトモだったのか」と思いましたが、それ以降の全てのラウンドでは明らかに亀田はヘロヘロでしかも目は切れ鼻血も出て顔もぼこぼこ、一方相手は顔に傷一つなく涼しい顔で軽やかにボクシングをしています。10ラウンド以上戦っても傷も腫れがほとんどない相手の顔を見れば亀田のパンチが相手にほとんど効いていないのは素人目にも明らかです。如何に試合の結果が最初から分かりきっていたとしても、さすがに判定のコールを聞いたときは私も「しょーもな」と言ってしまいましたね。あれだけヘロヘロでもやっぱり勝ってしまうの?という感じで呆れちゃいましたね。

 でもね、正直言って亀田一家なんてテレビ的に見れば単なる色物なんですよ。勝ってるうちだけが華で負けたら何の商品価値もない芸人扱いなんです。ただ辰吉の時と違ってあの一家には商品が3つあるわけなんです。一つめがダメでも次、という感じで。ついでに親父という史上最強に痛いキャラクターがいますので、これは試合をしないので価値が下がりませんから結構オイシイです。まあ、テレビで見たくはないですが(笑)。

 でもやはり最初の商品がダメだと、「ああ残りもどうせくわせもんだろ」という感じであまり金を稼ぐことができません。そう言う意味では何が何でも興毅には勝ってもらわないとダメだったんですよね、取り巻き連中としては。辰吉の時と一緒でこういうビッグマウスは勝っている時だけが華で、負ければポイ捨てなんですよ。だってゼニになりませんからね。「ゼニにならん奴に何で金かける必要あんねん」というのは興行の世界では常識ですからね。

 テレビでは元ボクシングチャンピオンや芸能人、現役プロスポーツ選手までもが加わって亀田の判定についてコメントしています。そこでいくらかの人が「亀田は悪くない。亀田は一生懸命やった。悪いのはボクシングのルールだし、審判の判定に多少の不満があっても、ジャッジが亀田をチャンピオンに選んだのだから亀田は紛れもないチャンピオンだ。」といっているのはもっともだと思うし、その通りだと思いますよ。サッカーのオフサイドやペナルティキック、野球のアウト・セーフやストライク・ボールなどを見るだけでも公平な審判など夢物語であることは知っています。

 でも私たちが興味あるのはボクシングのルールとか判定システムがどうのとか、そんなことじゃなくて、亀田は本当にチャンピオンベルトをを巻けるほど実力があるのか?本当に亀田は強いのか?どうやねん?ということなんですよね。アンケートで95%もの人が、それもベネズエラ人じゃなくて日本人の95%が「亀田の負け」と言っている試合の後で、当の本人から相変わらずのビッグマウスを聞かされれば誰でも腹立ちますでしょ?「お前は勝ってねえよ」ってテレビの画面に向かって思わず言いたくなるでしょう?まあこういう本人の態度は辰吉の時と同様に、本人が今後金を稼ぐ際不利に働くと思うんですがねぇ、口だけの奴に金をやる奴なんて世界中探してもいないのは真理なんですがねぇ。余りそんなこと気になさらないレベルの方々なんでしょうかねぇ。

 最近では世の中では言いたいことを言った奴が得している、という風潮がありますよね。他人に気を使うなんて損するだけだ、と。でもね、よーく検証してみて下さい。それも1年2年とか短いスパンじゃなくて10年20年という長いスパンで。言いたい放題やってる人って、余り得してないケースが多いんですよ、実は。或いは幸せな人生を送っているようには到底見えないとか。そもそもまともな人が周りに集まってきませんし、いつも喧嘩ばかりしてますからストレスが溜まりますよね。それに世間もクレーマーに対しては対処法を身に付けてきてますから、最初通じていたクレームが次から通じなくなったりしますので金も徐々に集まらなくなります。

 そう言う意味ではやっぱり他人とは仲良く暮らすべきですよ、それが人間のの知恵ですもの、特にこの狭い日本では。喧嘩して得することなんてほとんどないですよ。税理士という仕事をしていると本当にこの事実を強く感じますね。真っ当な世界でも政治の世界でもヤクザの世界でも「信用」って大切なんです。「他人の期待を裏切らない」ってことがですね。世の中全てギブ・アンド・テークでね、それが分からずに自分の好きなことだけ主張するのはただの子供、あるいはチンピラですよ。

 ま、話を元に戻しますと、これからも名チャンピオンとして君臨できるようKO負けだけしないようにトレーニングに励み、興行主に見捨てられないようにせいぜい頑張って下さいね、という感じですかね。どうせ次の防衛戦の相手は絶対に負けない弱い相手を興行主が探してくるでしょうからね。だって金平ジムなんて昔渡嘉敷の相手に毒入りフルーツを食わせたって噂があったようなジムですからねぇ。チャンピオンを作るんだったら何でもやりますよ。チャンピオンがいればいくらでも金が転がり込んでくることを一番よく知っているジムですからね。

 でも何度も言いますが、亀田家の場合最初からマスコミではボクシングの選手としてではなく色物として取り上げられてますのでゼニを稼げなくなったらこんな色物一家は表舞台から軽く抹消されます。芸能界や興行やマスコミの世界って厳しいもんですよ。辰吉見てるとよく分かるでしょう?稼げない奴はすぐに表舞台から消されるんですよ。それすら分からないでその世界にしがみつこうとすれば、身体壊したり、怪我したり、パンチドランカーになって人生棒に振ったりね。そう言う意味では亀田三兄弟は素人から「八百長だ」と言われるような鍛え方じゃダメなんで、消されないためには八百長がバレない程度のトレーニングはしなきゃならないんで大変ですね。

 でもボクシングやるんならもうちょっとましなトレーナー付けましょか、やっぱりね(笑)。

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード