税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 音楽  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに音楽の話など・・ジョージ・ベンソン

2015 - 05/23 [Sat] - 00:18

家で仕事をしないと決めたので、今日は事務所のパソコンの電源をものすごく久しぶりに切って帰りました。これでリモート操作を使って家から仕事を行うことはできなくなりました。なので今日は家でリラックスして過ごしています。

そして下手くそなギターを爪弾きながら、ユーチューブで映像を見ていて辿り着いたのがこのライブ映像。私が大好きなジョージ・ベンソンの昔々のライブ映像です。


続きを読む »
スポンサーサイト

プリンセス・プリンセス ラストライブ

2012 - 12/24 [Mon] - 15:25

 今年一年限定で再結成したプリンセス・プリンセス(プリプリ)、今日がラストライブですね。一応紅白歌合戦にも出るみたいですけど、コンサートとしては今日が最後のようです。

 今日はWOWWOWで生中継をしていますねぇ。今はまだライブが始まる前で、明るい会場(東京ドーム)の中をお客さんが歩いている状態です。3時30分くらいが開演かな?でもお客さんほとんど席についているから、そんなに遅くないかな?

続きを読む »

最近の歌もイイ感じです・・

2012 - 10/23 [Tue] - 12:46

 とっても久しぶりですが、音楽の話など。

 最近英語の勉強のために一日中英語のラジオ(最近はVOA、Voice Of America、が多いです)を聴いているのですが、その中で音楽のコーナーもあって、最近の流行歌を流すわけです。元々音楽好きな私としては、流行歌を聴くのも好きなんですが、ここ10年くらいの流行歌は、下品でメロディのないラップ音楽が多かったので全然興味がなかったんです。

 でも、VOAから流れてくる最近のアメリカの流行歌を聴いていると、「お、なんか俺っちの大好きな80年代頃の歌のような雰囲気があって、楽しいじゃない!」と思う曲があることも発見。その代表的なのがこれですねぇ。

続きを読む »

米米CLUB、プリンセス・プリンセス、TMネットワークのライブ

2012 - 04/17 [Tue] - 00:08

 そういえば、昨日WOWWOWで米米CLUBなどのライブを放送していましたね。最近のステージのライブですが、懐かしい。

 出演者達は、米米CLUB、プリンセス・プリンセスとTMネットワーク。いずれも20年以上前に日本で一世を風靡したバンド達ですね。TMネットワークはあんまり興味ないんですけど、それ以外の二つはどちらも大好きなので、ビデオに録画して楽しみました。よかった~。

続きを読む »

もう一人好きな女性歌手、オリビア・ニュートン・ジョン

2012 - 02/13 [Mon] - 00:06

 今日ホイットニー・ヒューストンの訃報に触れたわけですが、彼女を偲びながら車で彼女の昔の歌を聴いていますと、ついでにかかった曲の中に私のまたまた大好きな女性歌手の曲が。

 この人も歌は抜群に上手いです。伸びやかで柔らかい声。美しいビブラートと正確な音程。そして、かつてはもしかすると歌よりも彼女の美貌のほうが世界中の男性を虜にしたのではないかと思われるルックス。

 そう、ホイットニー同様に一時代を築いた女性歌手、オリビア・ニュートン・ジョンですね。

続きを読む »

ホイットニー・ヒューストン死亡

2012 - 02/12 [Sun] - 12:12

 ホイットニー・ヒューストン、死んじゃったんですってね。ホイットニー・ヒューストン、といっても知らない方も多いと思いますが、私たちが若かった頃人気絶大だったアメリカの歌手ですね。これまた人気絶大だったボビー・ブラウンと結婚するも、メチャクチャな結婚生活でなんかワケわかんないことになっていましたが。

 少し前にちょっとだけ表舞台に復活していましたが、往年の輝きは全くなく、悲しかったものです。彼女の素晴らしさは、単純に歌の素晴らしさですね。先ず声質が良い。歌にパンチと迫力がある。音程が正確。歌が伸びやか。節回しが素晴らしく、音域が広い・・、と、もし歌に100点満点があるとしたら、私はデビュー当時の彼女の歌に間違いなく100点満点をつけますね(笑)。

続きを読む »

80年代の洋楽、いいです。

2011 - 12/27 [Tue] - 12:36

 アメリカのLive365というネットラジオの会員になった話は先日書きましたけれども、いろんなチャンネルを聴いていて、私が久しぶりに気分が高揚したのは80年代の洋楽ヒット曲。

 やっぱり自分が若くて日々ワクワクしながら暮らしていた記憶があるからですかね。音楽とか映像とか匂いって、懐かしいものに久しぶりに触れるとそのときの記憶や感情がワッと思い出されるんですよね。そんなことってありませんか?私はよくそういう体験をします。

続きを読む »

September - Eath, Wind & Fire

2010 - 10/09 [Sat] - 17:27

 今日は久しぶりに音楽のはなしなど。

 それほどうんちくを垂れるほど詳しくないんですけど、好きですねぇ、アース。もちろん蚊取り線香の話じゃなくって、EWF、Earth, Wind & Fireの話ですね。

 今のお若い方には何のことかさっぱりわかんないと思いますけど、私たちと同世代、或いは少し上の世代の方にとってはアースと聞いて狂喜乱舞される方も多いのではないでしょうか。


続きを読む »

マイケルジャクソンのライブ映像

2010 - 01/09 [Sat] - 03:40

 マイケルジャクソンが死んでからテレビなどで昔のライブ映像などが放送される機会が増えましたね。私もそれなりのファンでしたので、そういう放送を録画して見ています。

 マイケルの日本での旬は90年代前半くらいまででしたので、もう20年弱ほどの間ライブを見ていなかったことに自分で気がつきました。その間マイケルの肌の色はどんどん白くなっていき、容姿には大きな変化があります。

続きを読む »

世界一難しいピアノ曲

2006 - 04/16 [Sun] - 07:51

 世界一難しいピアノ曲の演奏というものが日本で行われたそうです。その様子をニュースで見たのですが、「?」と言う感じですね。はっきり言ってピアノ素人の私の目から見ると単なる滅茶苦茶な演奏。まるで初心者がピアノを適当に叩いたと言った内容です。そのため楽曲自体に何の意味も目的もないし、これが弾けたからどうだ?と言う感じ。

 確かにその無茶苦茶な演奏を譜面に起こし、その譜面を見て譜面通りに弾けると言うことにはある程度の意味はあると思いますが、本来的な音楽の意味からすれば全く意味がありません。私も音楽は好きな方なので色々なジャンルの音楽をできる限り偏見無しに聴くようにしています。しかし時々こういった意味のない「音楽」に出会うことがあるんですよね。特に「本格的」とか「現代的」「前衛的」と表現される方々に。

 少しだけ音楽をまじめにかじろうとした私にちょっとだけ語らせて下さい。ダメですよ、こんな音楽(笑)。音楽は技術に走ってはダメなんです。絶対に。もちろん良い音楽を演奏するためには技術が必要で、技術の向上はどれほど探求してもしすぎることはありません。それは事実なのですが、それはあくまで良い音楽をより表現豊かに表現するために必要なだけであって、技術を見せびらかせるだけに技術を向上させるのは邪道でしかないのです。

 だって音楽は人に聴いてもらってナンボ、人を楽しませてナンボのものなのです。世界一難しいピアノ曲って言っても聞いてる人に「無茶苦茶」以外に何の感情も湧き起こさせない曲には何の意味もありません。それは前衛的なクラシックやフリージャズにも通じることですが、演奏者だけの自己満足を満たすだけの音楽など音楽ではないのです。またそのような難解さや意味のなさにもかかわらず、さも何か意味が有るかのように演奏し、その理解を聴衆に強制させる音楽など最低の音楽と言っても差し支え有りません。またそんな演奏に高い評価を与え、さも自分だけが音楽を分かっているような気になっているマニアや評論家も何だろうな、と言う感じですね。

 と言うことでまあこんな「世界一○○な音楽」ってえのは意味ないですね。こんな曲をわざわざ弾くために日本まで来た人もご苦労様ですが、これが演奏されている間ピアノの前でじっと聴かされていた人たちもご苦労様でした。音楽ってえのはもっと聴いている人間に健全な感情をごく自然に与えるべきものですよ。音楽が技術に走ることはどのジャンルの音楽でも最も向かってはいけない最悪の方向ですね。

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。